2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

メインサイト

« sheep氏は愛の国について考えている。 | トップページ | ナックス三昧 »

2006-04-05

個展に行く。

烏丸夷川のギャラリーRにて渕岡玲己さんの個展があった。
渕岡さんは普段はファッションショー用の洋服をデザインされる方だが、
3、4年前から着物の古布を使って洋服に仕立て直す創作もされていて、
その個展。
渕岡さんは言う。 海外でパーティがあった場合、日本人が洋服で来るか、
和服で来るかで、対応が全然違うと。どんな無愛想なマダムでもこちらが
着物だと、ニッコリと笑って話しかけて来る。
それはきっと民族の衣装をまとうことで、その人がその民族に誇りをもって
いることが伝わるからではないかと。
着物を洋服に仕立て直すことで、民族の誇りを失わずに海外のパーティ
なんかにも荷物もかさばらずに行ける。
もちろん、海外でパーティに出る機会なんてそんなにないだろうけど、そう
いうのって、いいと思う。

仕事ができた。
この間、渕岡さんはボランティアで、ある大手化粧品メーカーがあるデザイナーと
共同でやっているパリの化粧品ブランドショップのディスプレイのための布の
手配を依頼された。ポリエステルの5mの布を日本の古来の紫に染めてほしい、
というもの。ことごとく各会社が断る中、京都の小さな企業が受け、見事に
成し遂げた話。これをマスコミに宣伝したいらしく、文面のチェックを依頼された。
お金には全然ならないけどなかなか面白い。

« sheep氏は愛の国について考えている。 | トップページ | ナックス三昧 »

コメント

僕が好きな4コマ漫画家の一人に、
岡田がるさんという人がいるんだけど、
その方が海外のパーティーに出席する事があるので、
すんげぇ荷物がかさばるのはイヤなんだけど、
着物を持っていったそうなのですが。

洋装だと見向きもされないけど
(そりゃスタイルで日本人が勝てるわけもない)
和服ってのは日本人を一番美しく見せられる
(寸胴短足が一番似合うんだもんww)
ってので人気の的になったそうな。

まぁそんなギャグもあるけれど、
着物ってのは美しいです。

ワタクシの野望:
帯をひっぱってクルクル回らせて、
「あ~れ~おたわむれを~」
って一度やってみてぇ、
と女性の前で言ったら、
本気でドン引きされたことがあります。

でも、そのパーティー話、昨日も出てました。
やはりそういうものらしいです。

あの帯をくるくるというのは、憧れますけど、
結構、重そうですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/9445473

この記事へのトラックバック一覧です: 個展に行く。:

« sheep氏は愛の国について考えている。 | トップページ | ナックス三昧 »

最近のトラックバック