2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

メインサイト

« 紳士淑女の社交場。 | トップページ | 例えるバトン。 »

2006-04-16

昨日より今に至る非日常。

13:30まで仕事。肌寒くさらに小雨。
13:30に出て国立近代美術館にてBergaさんと待ち合わせ。
なかなかバスが進まず、彼女は苦痛だった様子。
雨とはいえ桜の京都の混み具合は異常である。

国立近代で「フンデルトヴァッサー展 人と自然:ある芸術家の理想と挑戦」
無知な私は彼を建築デザイナーだと思ってた。
彼にとって建築は表現方法のひとつに過ぎなかったようだ。
なかなかに興味深い。詳細に関して書こうにも私には書くだけの知識もない。
Bergaさんのご説明が非常に的を射ているので、興味をお持ちの方はこちらを
ご参照のこと。「HUNDERTWASSERの見る夢は
しかし映像資料がやたらと長い。
あれなら時間を書いておいてほしいものだ。あきらめもつくし。

混んでるので四条までタクシーで出る。
初乗り運賃でいけた。
やはり四条も異常な人手。祇園の小石に行くも、以前の辻利並の混雑振り。
やむを得ず、他の店を探す。祇園辻利はさらに混雑振りに拍車がかかってた。
ここの味は好きじゃない。まあ足を運ぶこともなかろう。
相変わらずのぐずついた天気の中、BALのマリアージュフレールへ。
彼女はコーヒーが飲めない。界隈で紅茶のお店はここしか知らない。
人気店だし、やや高めなのが玉に瑕だが。
私はダージリン・インペリアルを頼む。ケーキはレアチーズケーキ。
濃い。
高いけどミヤモトシンタさん。お薦めです。
1時間以上、半ば私の仕事の報告。彼女の方が遥かに経験があるので、
なかなか含蓄のある話が聞けた。
その後、大丸へ。一保堂でほうじ茶、レピシエでタラジャンを買うのを付き合って頂く。
京都駅にて解散。

美容院でストレートパーマをかけたみるもりさんと合流。
夕食は近所の中華料理屋アンチ・シノワーズ。安くてうまい。

帰宅。
0時頃。ぼちぼち寝ようかというタイミングで大学時代の友人O氏から電話。
大阪のU氏と久しぶりに連絡が取れた上に久しぶりに休みが重なったらしい。
今から行ってもよいかと。滅多に揃わないメンバーでもあるし、勢いで承諾。
実に1年振りである。
O氏の手土産は前述のスコッチとジン好きのU氏のためにビフィーターの最高級品。
泡盛とつまみ。中堅の酒屋チェーンに勤務しているのでこういうことになる。
なんでもチェーン内でも断トツの顧客でもあるらしい。ミッドガルドのようだ。
自分の尾を呑む蛇。
4時過ぎに各自沈没。10時に起床。U氏の車で栗東のピッソリーノ。
一見すると単なるファミレスのようだが。
どうしてどうして。味は良いし、サービスもなかなか。食器などはこってはいない。
その点はしっかりと切り詰めつつ、その分、味もリーズナブル。すばらしい。
さすが、O氏の見立てだ。
●ソーセージ
●えんどう豆のスープ
●春キャベツとじゃこのペペロンチーノ
●ソーセージの激辛パスタ
●揚げナスのトマトパスタ
●カルボナーラ
●トマトとチーズとピッツァ温泉卵ソース
●杏仁豆腐ベリーソース
●食後にウバ茶

その後。たらふく食った我々は、引き続き、U氏の車でボーリング場に。
途上、よい天気に恵まれ、満開の桜を見ながら向かう。
すごく待たされる。併設のゲームセンターへ。私は所在がないので、みるもりさんと
ベンチでぼおっとする。そしてこの記事を途中まで携帯でせこせこと。

ボーリングを2ゲーム。ひどいスコア。フラストレーションが大いにたまる。
外に出ると雨。しかも出た辺りでひどく降り出す。桜吹雪。大雨。風。
カラオケを前にして寄ろうと誰かが言う。しかし駐車場は満杯。傘もないので、
第2駐車場に行く気も起きず、結局、我が家の前で解散。

各位。おつかれさま。Bergaさま。ありがとうございました。また近々お会いしましょう。
U氏、O氏。無事、帰れたかい?んで、みるもりさま。とんだ休みになりましたな。
明日からも引き続きがんばりましょうや。

« 紳士淑女の社交場。 | トップページ | 例えるバトン。 »

コメント

昨日はお疲れ様でした。

あれからも盛りだくさんだったようですね。
私はお酒がうんぬんよりもその人とのつながりが羨ましいです。
学部の時の友人をもっと大切にすればよかったと後悔しています。

風邪を理由にして解散させて頂いたのに、
すみませんでした。ありがとうございました。

この関係ははっきりいって自慢です。
でも、その過程では彼らを何度も傷つけて
しまってました。そんな私と変わらずつきあって
くれている彼らは私にとっての宝の一部です。
でも、Bergaさんにもきっとそんな人はいると
思いますよ。これからも現れるでしょうし。

You made some nice points there. I did a search on the issue and found most persons will agree with your website.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/9621458

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日より今に至る非日常。:

« 紳士淑女の社交場。 | トップページ | 例えるバトン。 »

最近のトラックバック