2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

メインサイト

« やっぱ影響力すごすぎ。 | トップページ | 早春の味。 »

2006-02-11

シャロン首相の容態。

氏が倒れられる前に、ニューズウィークでラビン首相が暗殺される
直前に状況が似ている、と心配した内容の記事があった。
そして、選挙、そして重体に。

中東に平和は訪れてくれるのだろうか。

2柱の神の狭間に立つ人々にはなかなか幸福は訪れないのだろうか。

シャロン首相の容体急変 生命の危険と報道官
(共同通信) - 2月11日19時28分更新

« やっぱ影響力すごすぎ。 | トップページ | 早春の味。 »

コメント

現在平和な日本では考えられないぐらい、
政情が不安定な中東とかで、
トップを勤めるというのはすんごいストレスなんだろうなぁ。

ああ、
日本が平和で、
美味しくお茶を飲める国でよかったなぁ。

信じられないことに、世界には平和じゃない地域が
たくさんあるんですよね。日本にいるととても信じ
られませんけど。
たこすけさんのおっしゃるように、日本に生まれて
よかったと、思うのはエゴでも、やっぱり日本に生まれて
よかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/8611372

この記事へのトラックバック一覧です: シャロン首相の容態。:

« やっぱ影響力すごすぎ。 | トップページ | 早春の味。 »

最近のトラックバック