2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

メインサイト

« 今日の読売新聞日曜版。 | トップページ | ところで。 »

2006-01-23

蒼天航路35巻・36巻

買いました。買いましたともさ。
なんで、2巻同時発売なのかはわかんないけど、ともかく
買ってしまった。関羽の一連の流れを一気に愉しんで
下さい!という講談社さんの粋なはからい、とも思えないが。

なんだかこの間のリターナーと同じで、連載中にかなりの
部分を読んじゃってた。だから話が大体わかってたみたい。
自覚はなかったけど、ほとんど読んでた。すごく損した気分である。

至純の関羽の武。もうそれがすべて。
高校の頃から買い出した蒼天航路。1回、全部売ってしまったのは、
李學仁さんがお亡くなりになられたとき。連載も止まってしまったので
中止かと早とちりをして売ってしまった。たしか官渡の大戦のときの辺り。
しかし、王欣太さん1人で物語りは続く。官渡で終わるか、赤壁の大戦で
終わるかと思っていたら。さらに続き、いつの間にやら36巻。
もしや、司馬氏の晋王朝樹立まで行くか、と思ったが。完結。

呂布や張遼、張飛。あのむちゃくちゃな描写。
恐らくは美化されすぎている曹操。
三国志好きというか、孔明好きがぶっ飛ぶ彼の破天荒さ。
いろいろとむちゃくちゃかもしれない。

でも、私の読んできた中で最大級の作品がまた1つ、ようやく完結。

« 今日の読売新聞日曜版。 | トップページ | ところで。 »

コメント

あ、発売日の1/23は、曹操閣下の命日だからですよ。それに合わせたスケジュールかも知れません。

全36巻かぁ…
マンキで読むなら一日仕事だなぁ。

手を出すべきか、
出さないべきか。

ハマると恐ろしいなぁ…

一見。さま。
なあるほど。そういうことですか。

たこすけさま。
まあ、勢いもありますし、三国志をご存知
であれば、ご一読の価値はありますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/8301950

この記事へのトラックバック一覧です: 蒼天航路35巻・36巻:

« 今日の読売新聞日曜版。 | トップページ | ところで。 »

最近のトラックバック