2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

メインサイト

« リターナー | トップページ | 今日の読売新聞日曜版。 »

2006-01-22

ウィスキー

パッケージがかわいくて気になってた映画。

小さな靴下工場を経営するおじいちゃん。
母の墓の完成で弟が来ることになる。
そこで、おじいちゃんの工場で働く女性にその間だけ、自分の
妻を演じてくれないかとお願いする。女性はなぜか了解する。

というお話。女性のたばこをすう姿が妙に綺麗。
話はたんたんと。ちょっとしたイベントも混ぜながら。
クライマックスが少しびっくり。これはアンハッピーエンドなのか?
あまりに感情の動きが少なくてちょっとオチに驚く。

でも全体として落ち着いたよい映画だったと思う。
タイトルの「ウィスキー」は写真撮影の際に笑顔を作る合言葉なのだが、
映画中にウィスキーを飲む姿が見られなかったのが少しさびしかったけど。

« リターナー | トップページ | 今日の読売新聞日曜版。 »

コメント

なるほど、
チーズ!と同じようなモノか。
所変われば…という感じですね。

僕は劇場で見ましたよ。かなりスキでした。
なんつか、コクのある映画で。

あの女性がいい味出してましたね。
ラストはちょっとびっくりだけど、あれもまぁアリかなと。

初めてトラバなぞさせて頂きます!

たこすけさま。
そうなんです!日本では「チーズ!」より合理的。
だって最後が「にっこり」顔になるから。
今後、ぜひ。

Firoswiさま。
もうずいぶん前にご覧になってたんですねえ。
TBどうもありがとうございます!
おっしゃるように女性がいい味で、オチがびっくり。
余韻を残す、正にウィスキーのような映画ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/8284356

この記事へのトラックバック一覧です: ウィスキー:

» ●ウィスキー [● PO-SO-RI ●]
 薄暗い雰囲気で始まる本作品。どうも言葉はスペイン語のよう。  一体どこの映画かと思ったら、ウルグアイとかあっちの方なのね。  何だかさみしい街で、小さな靴下工場を経営するハコボが、  ブラジルに渡って、同じく靴下工場を大きく経営する弟に  久しぶりに会う。その弟に対する見栄からか、工場の従業員  マルタに自分の妻の振りをしてもらうのだが。  既に初老と言っても過言ではないマルタ。  作品当初はまさに「くすぶった」と言う言葉がぴったりだ。  とにかく面白いのは、そのマルタ..... [続きを読む]

« リターナー | トップページ | 今日の読売新聞日曜版。 »

最近のトラックバック