2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

メインサイト

« どんどんハードになる舞鶴出張。 | トップページ | 帰れました。 »

2005-12-18

町と田舎の境界線。

舞鶴から各駅で深夜に帰ると本当に明りが少ない。もしもここで電車が止まったらどうしよう…と本当に不安になる。ホテルは当然ないし、タクシーもいない。「ここをキャンプ地とする」と言いたくても車でもなけりゃ寝袋もない。
嵯峨嵐山あたりまで来るとまだ聞き慣れた地名だし、京都市内のはずだが、観光地だけにやはり明りがない。花園まで来ると、ようやく車も増え、明りも増える。
決定。
町の境界線は花園。

« どんどんハードになる舞鶴出張。 | トップページ | 帰れました。 »

コメント

for a while now and finally got the bravery to go ahead and give you a shout out from New Caney Texas!

I notice a little rightly exceptional in this site.

hervorragende Auswahl namhafter Markenhersteller der mittleren und gehobenen Preiskategorie an.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/7672042

この記事へのトラックバック一覧です: 町と田舎の境界線。:

« どんどんハードになる舞鶴出張。 | トップページ | 帰れました。 »

最近のトラックバック