2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

メインサイト

« 上原ひろみのTR。 | トップページ | ラ・メランジェ。 »

2005-10-02

ガンダム・ファイトと集団心理。

高校の頃、私は「人は好きだけど、人間は嫌い」というわけのわからない
信念のようなものを持っていた。
個人個人はいい人でも人間は群れると悪い行動を起こしやすいという意味
である。今もその思いは大して変わらない。
戦争もそうだし、偏見や思い込み、風聞で人は悲惨な行為をする。
たとえば関東大震災のときにデマが広がり、朝鮮人がたくさん殺された。
魔女狩りなんかもそうだろう。
しかし冷静に考えると歴史的には悪い意味で言われないようなことも結構ある。
革命、民族解放、国の独立。現在の歴史の価値観上は決して否定的でない
現象も起きている。
しかし集団を誘導するのはたやすくてもそれをコントロールするのは難しい。
そういうエネルギーを爆発させないためにスポーツ観戦や祭はあるのかもしれない。
野球や相撲、オリンピックやサッカーなどの行事も大切な反戦運動かもしれない。

ガンダムの鬼子とされている(と私は思っている)「機動武闘伝Gガンダム」は
形上は戦争がなかった多分、唯一のガンダムである。死人は数人出たが、その
数は他のガンダムに比べればよっぽど少ない。なぜか。あれはスポーツだった
からである。4年に1度開催されるガンダムファイトは、各国の威信をかけて開発
されたガンダムが互いの力を競う競技だった。これは戦争をしないための彼らの
知恵だった。無論、そこにはゆがんだものもあったけど、あるいはいつか国連なんか
の手で世界がまったきものとなったときにはあんな感じで各国が本気で戦える
競技が生まれて戦争を回避しようとするかもしれない。

集団心理だとか、民意だとかについてふと考えたくなった今日この頃。
こんなことを考えてしまったわけである。

« 上原ひろみのTR。 | トップページ | ラ・メランジェ。 »

コメント

ガンダムGか~。
僕は頭がガチガチに固いので最近までファーストしか見てなかったんだけど、
友人に薦められZとSeedを見て、
あ、結構面白いなとおもいつつDestinyでは心底ガッカリさせられましたがw
色々見てみないとわからないもんだな、
と見もしないで批判するのは止めました。

でも色々ありすぎて見る順番がわからないですね…

で、マス・コントロールってのは本当に難しいと思います。
でも逆に群集を一色に染める力(カリスマ)を持っている人ってのは、
そこで何をするかによっても違いますが、
善悪は別として羨ましいな、とも思います。
ヒトラーとか麻原ショーコーとかね。
僕がカリスマがサッパリないからなぁ…

Gガンダム、ガンダムと思わなければ結構
おもしろいらしいですよ。私は2話分しか見て
いないのでなんともいえませんが、2話分は
好きです。まあ気楽に見れるという意味では
最適と思います。やっぱり見てみないとだめ
なんでしょうねえ。SEEDは結局、見る気に
はなれないのですが・・・。

カリスマ性は私もほしいです。でもあったら
難儀なもんかもしれないと思ったり。へたする
と悪者の総大将ですから。私、チキンなんで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/6221315

この記事へのトラックバック一覧です: ガンダム・ファイトと集団心理。:

« 上原ひろみのTR。 | トップページ | ラ・メランジェ。 »

最近のトラックバック