2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

メインサイト

« 金木犀の花の香る頃。 | トップページ | 謎は解けた。 »

2005-10-04

でんでらりゅうとでんでら野。

たこすけさんに教えてもらったでんでらりゅうの話。非常に興味深い。
未だにその歌意がわからないあたりがいいじゃないですか。

でんでらりゅうって何なのでしょう?

でもふと気がついた。遠野にでんでら野という姥捨て山のような場所が
あるが、語源は通じているのだろうか?ちょっと場所が離れすぎている
けど。ところで、でんでら野を書いた作家がいたはずだが、それが誰か
が思い出せないのが気持ち悪い。たしか、みるもりさんが愛読している
人のはずだが・・・。

« 金木犀の花の香る頃。 | トップページ | 謎は解けた。 »

コメント

へ~、でんでらりゅうってこんな意味があったんだ。
けど諸説あるんですねぇ。
またそれがネットで調べられるってのは、
便利な世の中になったもんですね。

面白い。

なんでもわかる時代です。調べれば。
でも、結局、まだ正確な情報を得ていない
んですよね。気になって、気になって。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: でんでらりゅうとでんでら野。:

« 金木犀の花の香る頃。 | トップページ | 謎は解けた。 »

最近のトラックバック