2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

メインサイト

« ばったばた。 | トップページ | 宮様と運転免許。 »

2005-10-05

はてしない物語の新作。

ネバーエンディングストーリーとはてしない物語がいっしょだと知ったのは
ずいぶん後のことだった。
故・M・エンデの弟子にあたる人たちが、はてしない物語の新作シリーズを
発表することになったそうである。
私は『モモ』の方が好きで、はてしない物語はあまり印象に残ってはいないけど、
あのフォントの色とか装丁がとても好き。もうストーリーもあんまり覚えてはいない
けど、これを機会にもう1回読み返してもよいかも。

エンデといえば、何度も話題にしているNHKスペシャル「アインシュタインロマン」
の進行役として私には印象に残っている。
また、向山貴彦さんの「童話物語」を読んでみようと思ったのも新聞の謳い文句が
「エンデ+クロウリー+宮崎駿」というものだったからだ。
エンデに弟子にあたる人がいるとは知らなかったけど、こうやって死してなお、
名前が継承されていくというのはうれしいし、すごいと思う。

はてしない物語に“続編” エンデの弟子らが出版 (共同通信) - 10月5日6時38分更新

« ばったばた。 | トップページ | 宮様と運転免許。 »

コメント

僕も読みました、はてしない物語。
きっかけは映画ネバーエンディングストーリーなのですが。もう内容忘れましたw
子供でも読めるようにひらがなが多い訳文だったけど、
小学生ぐらいの子供があの厚さの本を読もうとしたら、
本当に「果てしない」物語なんだろうなぁ、と思います。
ちょっと図書館に借りに行ってもいいかも。

そういえば、長かった。途中で何度いやになったか。
でも結構、おもしろかったんだけど。
あの長さが、私がモモのほうがおもしろいと思う原因
かも。
でも内容・・・本当に覚えてないです。
やっぱりもう1回、読み直すか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/6260805

この記事へのトラックバック一覧です: はてしない物語の新作。:

» ミヒャエル・エンデの夢の続き [秋葉で働く部長のblog]
大好きな作家を たった一人だけ教えてください。 もし こんな質問をされたら僕は有無を言わず ミヒャエル・エンデと 答えます。 ネバーエンディングストーリー の原作者として知られるドイツの作家です。 出会いは中学1年生。 ネバーエンディングストーリーのバスチ... [続きを読む]

« ばったばた。 | トップページ | 宮様と運転免許。 »

最近のトラックバック