2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

メインサイト

« 私の惨事。 | トップページ | 少女たちの「かわいい」天皇 »

2005-09-17

少女のパンツを見た。

地下鉄。向かいに乗ってる少女はよく寝ていた。
ふとみるとパンツが見えてる。かねてこういう機会もなく、一度は
お目にかかりたいと思っていた。

しかし実際に目の当たりにすると、「おっ」とうれしいという感情より、
むしろ「いたいたしさ」とそれを見てしまった自分への不快さの方が強かった。
この間、みるもりさんに薦められて読んだよしながふみさんの漫画で、
非常勤講師が研究室で学生に迫られて、巨乳は好きだけど、ここでは
嫌だ、と叫ぶシーンがあったが、ふと思い出された。

« 私の惨事。 | トップページ | 少女たちの「かわいい」天皇 »

コメント

今日の記事もタイトルでびっくりしました。
僕も一度だけあるんですが、
見るつもりなんか毛ほどもなかったんだけど、
屈んでる女性のパンツが目に飛び込んできて、
アタフタした後に罪悪感…
スケベェなくせに小心者だということを再確認してしまいました。

そう。小心者の助平ほど厄介なものはないです。
せめて小心でなければ、見て素直に喜べるし、
助平でなければ、見ないし。見てしまって、罪悪感。
男心は兎角、厄介ですなあ。

We are a gaggle of volunteers and opening a brand new scheme in our community. Your web site provided us with useful information to work on. You’ve performed an impressive process and our whole neighborhood can be grateful to you.

Hardly can I recall any better blog than this one.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/5982070

この記事へのトラックバック一覧です: 少女のパンツを見た。:

« 私の惨事。 | トップページ | 少女たちの「かわいい」天皇 »

最近のトラックバック