2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

メインサイト

« 誰とでも寝る女の子がいた。 | トップページ | Rio撤退かよ! »

2005-09-05

どうしてブッシュはこうなのか?

先日、みるもりさんとどうしてハリケーンへの対応が遅れてるのか、
という話をしていたが、「儲からないからだよ」といっていたのは、
冗談のつもりはなかった。イラク戦にはさまざまな利権が絡んでいたし、
そういう意味で、この件はまったくうまみがない。

<米ハリケーン>政府の対応遅れ 海外メディアも驚き、批判
(毎日新聞) - 9月5日12時5分更新

とはいえ、ここまでひどいか?と思わされたのはアメリカの実情に
ついて知るのにいつもお世話になっているこのサイト「暗いニュースリンク
のこの記事。
ハリケーン大災害、ニューオリンズに戒厳令:ライス国務長官はNYのフェラガモでお買物!
09/03/2005

(前略)被災地の救援対応を担当する米連邦緊急事態管理局(FEMA)のマイケル・ブラウン長官は、「避難命令は出したんだから、(自分の意思で)残った住民は自己責任を自覚すべきだ」とCNNテレビで発言した。下院議長を務めるデニス・ハスタート議員(イリノイ州・共和党)はインタビューで、ニューオリンズの再建に連邦資金を投入する件について「意味があるのかねえ」と疑問を呈した。政府側から非人間的な発言が相次ぐ理由は明らかだ。ニューオリンズ住民の67%は黒人で、27.9%が貧困ライン以下の生活をしている貧しく、共和党の集票に影響のない黒人居住区には関心がないわけだ。(後略)

ひどすぎる。しかし自己責任という言葉を久しぶりに聞いた。
この前はイラクだったな。あのときには確かに自己責任について議論するのは
おかしくはなかったと思う。でも今回のこれは・・・。
この間もニュースで救援に行った政府機関の人が避難命令出したのにこんなに
人がいることに驚いたといったことを言ってキャスターにその他人事のような発言
を非難されていたが、とにかくアメリカの実情はこういうものらしい。
昔、つげ義春の「近所の景色」で在日朝鮮人の人々が暮らす地帯を行政があえて
整備しなかったので、水害時になすすべもなかったというシーンがあったのをふと
思い出した。

驚いたのは避難地で殺人やレイプが頻発しているということ。
こんなときにまで、こんなことになるか、と。

なによりこんな連中を率いているのが今のアメリカ大統領なんだというのが
なんともいたたまれない。その大統領と仲のよい某国の総理大臣もね。

« 誰とでも寝る女の子がいた。 | トップページ | Rio撤退かよ! »

コメント

なんとも「正義の国・世界の警察アメリカ」が聞いて呆れる対応ですね。
彼らの正義は利権がらみだけですね。
まぁ自分の利益にならない事では動かない、
ってのは人間の根底ではあたりまえといえば当たり前なんだけど、
こんな時に本音がチラホラでますね。

メッキが剥がれたな、メリケンの「平等」。

きっと、これが正義ってやつなんですよ。
まあ、この多様な価値観の交錯する現代社会、
金がすべてってのもわかりやすくてよいかも。
そんな国に住みたいか、といわれれば無論、
住みたくなんかないですが。

JAZZの町は今でもJAZZが流れる町なんですね。
この豊かな時代、もう生のJAZZ文化なんて、アメリカ
からはなくなってしまったかと思ってましたが・・・。

でもこんな姿を見るくらいなら、生のJAZZの魂なんて
早くなくなってほしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/5797714

この記事へのトラックバック一覧です: どうしてブッシュはこうなのか?:

« 誰とでも寝る女の子がいた。 | トップページ | Rio撤退かよ! »

最近のトラックバック