2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

メインサイト

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005-09-30

地主(隠語)。

例によって下関見聞録で知ったのだが、どうやら地主は思いのほか
多いらしい。出産後の女性に多いとも聞いたことがある。
最近は座り仕事の人も多いだろうし、私の予想している以上に地主
は多いのかもしれない。

颯太と陽菜?

ベネッセによる9月までの1年間で生まれた赤ん坊の名前ランクの
1位は颯太と陽菜らしい。
有名なキャラでもいるのか?と思って颯太をgoogleで調べてみた。
なんだかたしかに多いようだ。
恥ずかしながら私、「フウタ」かと思いました。「颯」が読めませんでした。
颯爽のサツだったんですな。単漢字で読めるか、こんな字。
「ソウタ」か。最近の人々の命名がよくわかんない。昨年はもっとありえない
名前だったような気もする・・・。

いろんなもらいもの。

T夫妻から出産したT夫人へ送った漫画「ハルチン」魚喃キリコ
「るきさん」高野文子に対するお礼と思われる宅配有り。
入浴剤のよう。送ったものより高そう・・・。申し訳ない。
まだみるもりさんが帰宅していないので開けていないので、
開けたらお礼状を。

K夫妻からは鼠の国のおみやげや青森の林檎、O氏からの
もらいもののおすそわけを頂く。実用的な中身で非常に有難い。

もらえるときって重なるものだなあ。滅多にないけど。
ありがたい、ありがたい。

今夜の秘太刀馬の骨。

最終回。音尾さんしっかり出てるじゃん。太刀回りがあまりなかったのが
さびしいけど。ヒロインの多喜役の麻里也が結構かわいかった。いわゆる
美人じゃないんだけど。内野聖陽もやっぱかっこよかったなあ。純粋な
ヒーローじゃないあたりは藤沢周平らしいというべきか。
手放しにおもしろかったという感想ではないけど、でもおもしろかった。
次回からは石橋蓮司が好きだが、見るかどうかは不明。

戦力大幅ダウン。

この間、一人職場をやめられた。母校に正規職員の空きがあったそうだ。
昨日、一人、入院が決まった。3週間。
現在、保有戦力は2人。1人、追加を予定しているけど。
5階建ての職場で常時2人というのはあまりに寒すぎる・・・。
むさくるしい男2人だし。はあ。

ほっとけないホワイトバンド。

黒ずんだ噂のあるほっとけないホワイトバンド。
京都・滋賀でも日増しにしている人を見かけるようになった。
昨日も冴えないおにいちゃんが一人していた。
今朝は会社員風で日本教育新聞を読んでいる30代風男性、
20代風の女性の2人を見かけた。

昨日の蒼天航路。

焦った。でも血脇肉踊った。
王欣太氏は関さんがプロットを壊しにかかると書いていた。
曹操のあの思いは王欣太さんの思いと通ずるものがあった
のではないだろうか。今回の話の続きが見たいぞ。どうしても。
たとえどうなっても構わないから、ぜひあの続きを書いてほしい。

実質的に今回の話は関さんという憑き物落としのようなものだった
のかもしれない。

2005-09-29

地球洗隊エコレンジャー

各地で環境キャラクターがいるし、たしか東北地方では環境戦隊がいた。
ただどれも行政主導のものが多く、民間でそういうキャラクターを作っても
あまり話題になったことはなかったと思う。

群馬県の青年3人が新たな環境キャラクターを作った。
といってもキャラクターは本人たち。
各地でリヤカーを引きながら、空き缶を広い、車椅子と交換し、ミャンマーに
送るそうだ。
いわゆる環境を前面に押し出した活動ではなく社会貢献全般と言える活動
ではあるが、やはりすごい。5月5日北海道スタートで9月28日現在28都道府県
に入ったそうだ。

ただいま、京都を移動中のはずだ。もしかしたら会えるかも。

アルミ缶集めながら全国を徒歩で縦断 群馬の男性が京都入り
(京都新聞) - 9月28日21時8分更新

テレビで言うことじゃないけど・・・

と、サイコロ1で大泉洋さんがカミングアウトしたじ病を私も抱えている。
大学2回の冬に発症した。
コーヒーとお酒の飲む頻度が多いときや、刺激物の服用、睡眠不足、
ストレスなどでひどくなる時が多い。
大学2回~3回の前半、就職後1年くらいが特にひどかった。
最近は比較的、発症率は低いものの、冬場は応える。

なんでこんなことを言っているかというと、この間、たこすけさんに触発
されてつくっちゃったキムチ鍋がまだ余っている。作りすぎた。しかもやや
辛すぎる。まだ発症はしていない。しかし恐怖に慄きながら今夜もキムチ
鍋の残りをスープ代わりにする予定である。

バテバテ。

ひっさしぶりにまともに1週間、働いている。とはいえ火曜日は
休んだので、まだ2日しか働いていないんだけど、もうバテバテ。
なんだかいきなりあわただしくなった。こまごました仕事がいくつ
あるんだろう。大物は1、2件なんだけど。
昔、考えることが仕事な人に憧れてた。作家とか哲学者とか、
民俗学者とか。
最近の仕事はすっごくそういう考える仕事の端っこの方になり
つつあるのですごく嬉しい。いやいやしていた仕事だけど、この
ままなんとか続けたらいつかは少しは考える仕事の真ん中寄り
な仕事に就くことができるかもしれない。

昨日はJohn Coltraneの「My Favorite Things」を大音量で聞き
ながら帰宅したのが随分と癒された。
今朝は樋口了一の「1/6夢旅人2002」を聞きながら出勤した。
やはり随分と癒された。
音楽って、本当にいいもんですね。

水曜どうでしょうを見逃す。

昨日は同窓会の会議があったので、遅くなってしまった。
みるもりさんにビデオ録画を依頼していたので、今日、見る予定。
昨日の京都放送ではサイコロ6の第1夜だったらしい。
チラッと見たらミスターと大泉がなんだか貧相。もうかなり参っていた
様子。

2005-09-27

米海軍はイルカを兵器にしているらしい。

当たり前にやられていることなのか?
何年前までか(今もか)日本の捕鯨をバッシングしていた国がやっていいのか?
こういうことを。毒矢を装備していてウェットスーツを着た人を攻撃するらしい。
カトリーヌの被害をどうこう言う前にこういうことをやっていることを問題にすべき
ではないのか?
まあ、軍用犬みたいなもんかなあ。
くじら並に頭はいいと思うが、動物愛護団体はなんもいわんのか?こういうの。

軍用イルカ、ハリケーンで逃げ出す=毒矢装備、ダイバーに危険も-英紙
(時事通信) - 9月27日7時1分更新

のまタコ。

ウィットがあるというか、なんというか。
でもこういう相手の手法を逆手にとったやり方っていうのは非常に興味深い。
しかし相変わらず「インスパイア」の意味が私にはよくわかんない。

「のまタコ」キャラ展開? ひろゆき氏、エイベックスに公開質問状

2005/09/25 18:48 更新 ITmedia

しかし浜崎あゆみというのはどうもネットの人々に嫌われているような。
キャラが?好きの裏返し・・・ってわけではないわな。
ファンも含めて嫌いなんだろうな、多分。

DVDドライブを買った。

今週は出張やら呑み会やら出費が多そうだと思ってたので、出費を
控えていたのだけど、出張は延期、呑み会も左程の出費ではなくなった
ので、かねてほしかったDVDドライブを購入した。
アイ・オー・データのDVR-ABM16S。安くなったなあ、9,000円弱。
先ほど取り付け作業完了。いやいや。

サイトを移転。

メインサイトを移転しました。
今まではinfoseekだったんだけど、広告バナーがうるさかったのね。
カウンターを再設置した忍者TOOLSさんが広告スペースも少ないし、
いいかな、と思った次第。

http://sacnoth.nomaki.jp/

広告なくなってすっきりしました。1度、見に来てください。
ではでは、どうぞこれからもよろしく。

ひげはいらない。

いよいよ来月開催のどうでしょう祭
どうでしょう本でしゃれで言ってたひげこと藤村Dのお面が本当に
売られるらしい。会場は見渡す限りひげってことも考えられうる。
恐ろしい。これは並みのホラーより恐ろしい。行かないし、行けないのが
残念。祭嫌いだけど、近場なら行ってたかも。

んで。今日も休み。

今週は帰宅時間が遅くなる日が多そうだったので、取得。
休日出勤の消化。

衣替えをした。・・・が服がない。セーターを5着、パジャマを3着、
カーディガン・ベストを1着ずつ。それくらい。ここ3年で買った服
はほとんどない。学生時代から着ているものがほとんど。
しまうような夏服もほとんどない。5年くらい着ているTシャツを
何枚か捨てた。タオルケットを何枚か収納。それくらい。
先日、みるもりさんから私は物持ちがよいといわれた。
そんな自覚はまったくない。でもそうかも。特に服は。

たぶん、今晩はキムチ鍋。

たこすけさんの下関見聞録を読んでいたら、キムチ鍋が無性に食べたくなった。
ということで、今日の晩御飯は多分、キムチ鍋です。

・・・と思っていたら聞いているラジオでキムチの話をしてやがる。
・・・つながっている・・・。

カウンターを再設置。

日曜日からカウンターをトップページに再度設置した。
外した理由は2つあって、infoseekのカウンターが格好悪いことと、
数が増えないことに憂うるのがいやだったこと。
しかしsantaccさんのページのカウンターが格好よくて、検索してみると
意外にいいのが無料であった。サイトデザイン変更がてらついでに
再設置してみた。忍者TOOLSはカウンターもいいけど、HPのバナー広告も
ほとんどないのが無料であるので、サイト自体も移転を検討中。

ラ・メランジェの在り処。

昨日、烏丸通を通行中、探していた移転した「ラ・メランジェ」を発見。
烏丸二条下がる西側にある古いビルで1階が眼鏡スーパーとかの量販系
眼鏡屋さんだった。ビルに毛筆横書きでラ・メランジェって書いてあった。
その看板からはとても紅茶屋さんとは思えない。
昨日は用事があったので、立ち寄り損ねてしまったが、明日にでも
行ってみよう。

昨日の話。

広報課のお姉さま2人と、システム課のお兄さまと呑む。
京都烏丸御池新風館(知らない人はどこで切るかがわかるまい)の
TAWAWAにて。京野菜を売りにしたお店。
野菜がおいしいの。
こんなヘルシーな呑みが好き。
参加者が結構、呑み会続きらしく、ペースも遅い。
私にはちょうどよい。
客も少なく、煙草もなく。(1人、スモーカーがいたんだけど・・・)

いつもなら熱血仕事系のお話になだれこむのだが、今回はそんな
こともなく人の話に終止してそれもたのし。
適当なペースで気楽な相手。こういう呑みはよいなあ。
職場呑みでは滅多に見られぬ光景であった。
3人は同い年らしい。私よりも3つ上かな。
職場でこの程度の年齢差は大した差に見えないけど、でもやっぱり
年上だなあ。気楽。気楽に呑み、食べた。
客も少なかったし、また今度行ってみよう。

2005-09-26

鳥の群れ。

都会の街路樹で鳥が大量に群れていて、騒音や糞にお困りというニュースを
先日見た。たしかムクドリだったと思う。木に鳥とも思えない、音がしているの
は見たことがあったがムクドリとは知らずそのニュースで驚いた。
今日、夕暮れの京都市内を歩いて、群れの移動を目の当たりにした。
たしかにすごい。

そのニュース中で大阪自然史博物館の和田岳先生が出演されていた。
ここは私が学芸員資格の実習に行った場所。懐かしい。資格はまったく
役に立ってないけど、楽しい実習だった。昆虫の標本を作ったりとか。懐かしいなあ。

hideのこと。

私はファンではないです。ごめんなさい。なので、ファンの方は読まない方が。

hideの名前を久しぶりにニュースで見た。
彼が亡くなったのは98年。私が大学に入学した年だ。
高校の頃、1個年下で、1個学年が先輩の友人Wは、とても音楽が好きだった。
聞くのは洋楽で、ロック、メタル系が多かった。
私は音楽に非常に疎く(というより無知)、彼から押し付けられる各種CDを
戸惑いながら聞いていた。
結構、その中でも気に入る曲も多くて、そう伝えると日ごろは気だるそうな彼が
すっごく熱く語ってくれた。

卒業後、彼からかかってくる電話は長くなり、非常に戸惑った。
私は人間的な欠陥をたくさん抱えているが、近づいてきた人への選別のひどさ
もそのひとつである。よっぽど自分に合っていると思わないと近づいてくるほど
避けてしまう。彼のことも避けだした。

98年。hideが死んだ。号泣しながら彼は電話をしてきた。
私には芸能人(こういう言い方はよくないだろうが)の死に泣く人間がまったく
理解できなかった。尾崎豊の死を流す映像でも泣き崩れるファンたちの心境が
まったく理解できなかった。だからWの衝撃に共感もできず、彼への態度は日増し
に冷たくなっていったと記憶している。

もう彼からの電話は長いことかかってこない。彼のその後をまったく知らない。

hideのミュージアムが閉館するそうだ。
3年の予定で開館したが、ファンの根強い人気に押され延長し、5年が経過した
今年、ようやく閉館することになったそうだ。
来場者は減少することもなく、特に閉館が決定した後の入場者は増加したそうで
ある。死亡後7年。これほど根強いファンのいる彼。その中にはあるいはWもいる
のかもしれない。あるいはもう彼の思いは冷めてしまったかもしれない。

ふとそんなことを思い出した。

hideの「聖地」に幕  (9/25) asahi.com

2005-09-25

昨日・今日。

K夫妻が泊まりに来た。
3時前までだらだらする。
深夜、機動警察パトレイバー第1期OVAがやってたので、
見る。みるもりさんはこのシリーズがお好きなので、ビデオにも
録っている。ただし、前回は見逃した。
昨日は大型爬虫類を作ってしまったマッドサイエンティストと
その作られた怪獣の話であった。TV版なんかより、よりゆうきまさみ
っぽいマニアックな内容であった。ふむ。
今朝は9時ごろ、みるもりさんがsantaccさんに会いに出て行く。
私たちは12時前に起床。県内在住O氏の職場に会いに行くことに
したが、携帯を見るとアルバイトの学生さんからメールが朝早くに
来てた。私は一人取り残される。今、彼女からのメール待ち。
名刺デザインを依頼していたんだよね。忘れてた・・・。

2005-09-24

批判として。万博が終わる。

万博が終わる。私は背景やら何やらを噂程度でしか知らないので、
何も新たな情報を発信したいのではなく、単に、中傷したい。
あくまで誹謗・中傷であり、根拠はない。

万博というものが嫌いである。
花と緑の博覧会というものが昔、開催された。記憶は非常に薄れているが
あれは嫌いではなかった。乗り物もたしかニュートラムだったかが悪い意味で
注目されただけで、めずらしい植物がたくさん見れたという記憶とやっぱり人が
多かったという記憶しかないが、悪い印象はない。

しかし、万博の時代ではないと思う。今回の万博の開催にはずいぶんと
ごたごたがあったと記憶している。利権やその辺の。無理矢理こじつけて
環境風味にしたが、そもそも大地を開拓して、一時的な何かを開催している時点で
環境に悪いことこの上ない。そして経済が動く時点で、明らかに環境にプラスの
影響が起こるわけがない。一番、環境によいのは何も作らず何も買わず。
非人間的なくらしこそが一番、現在の環境に影響を与えない生活に至るのは
間違いない。しかし利権に目を向け、経済に目を向け、企業と行政が主導で何かを
やる時点で環境によい話になるわけがないではないか。
しかも目玉はロボットと、マンモス。どこが環境だ。
そんなところに人は来るな、できる限り大失敗に終わって欲しいという私の願望は
果たせず、大盛況の内に幕を閉じるらしい。非常に残念である。
これで万博は金になるということが改めて宣伝され、次回以降の万博に名乗りを
あげる日本の都市は増える。万博の土地を確保するには人の居ない場所しか
ありえないから、また土地が開拓される。そして、再び無駄な土地が増える。
本当にこういう馬鹿なことはやめてほしい。

今回、NGO・NPOもそれなりにがんばったようだが、結局、目を向けられるのは
ロボット、マンモス、サツキとメイの家。
NGO・NPOスペースがどうだったかとか、そこらへんは行っていない私には
なんともいえない。でも、素人目には徒労感だけが残ったのではないかと心配される。
聞くところによるとあそこに今、優秀なスタッフが集まっているので、NGO・NPO関連の
みなさんは優秀な人材確保にせいを出しているとか。万博後に人的な大移動が
各組織間にあるとかも聞いた。まあ、そういう話を聞くのは楽しいが。

でも、やっぱり万博はどうしても私にとっては悪の象徴でしかない。
単に大のお祭嫌いという理由もあるのだが。

バカプラ。

このところ、環境関係ニュースはajiさんの「鯵、環境民俗学ヲ嗜ム」、
笑える小ネタはたこすけさんの「下関見聞録」、ヘッドフォン・紅茶・
水曜どうでしょうネタはミヤモトシンタさんの「リコリススタイル」、その他の
ニュースはYahoo!で得るのが習慣と化している。

で、例によって下関見聞録で知ったネタ・バカプラモ。懐かしいけど、
見てみると自分で買ったものはないような。もう著作権とかうるさい時期
だったのだろうか。それともそこまで怪しいプラモを売っている店を知らなかった
のか。でも、あの売る気がないのかと思うくらいつまれたプラモの中から自分の
ほしいプラモを引っこ抜く楽しみを最近、忘れてしまったな。たまにネタで友人と
入ることもあるけど、買うこともほとんどないし。何年ぶりかに1年ほど前に
買ったリックディアスは今も棚に飾ってあるけど。

DEATH'S ROOM

サイコロで給料を決める法人。

この間、Yahoo!NEWSで読んだのだが、そんな会社があるらしい。
決して水曜どうでしょうの影響ではないようだ。
会社の活動としては主にアート系のようで、資本金は1000万円、
社員数は17人。実態は株式会社らしい。
見たところ、携帯用のマンガの配信、建築家とクライアントとの
マッチングなどをしているようだ。

面白法人KAYAC

げんなり。

石ノ森章太郎の全集が出るらしい。全500巻。
手塚治虫より作品は多いんだろうか?買う人・・・いるんだろうなあ。
買った人の家族には相当迷惑だろうが。発売は角川書店で全12期61万円。
あほな話だ。私は氏に惚れた世代ではないし関係ないけど。
うちの大学は買わにゃならんだろうな。マンガ学科あるし。ていうか、買え。
買っても俺は読まないけど。

石ノ森章太郎さん漫画遺産500冊(日刊スポーツ)
- 9月24日9時52分更新

昨日は?

1日寝巻きでいた。つまり本当に何もしていない。
朝、起きる。食事をして掃除、洗濯。でだらだら。
たしか水曜どうでしょうDVD第2弾のサイコロの旅と闘痔の旅を見た。
サイコロの旅はさらに副音声版も見た。
みるもりさんは5時ごろ、髪を切りにいった。私は三国志Ⅵをやった。
昔、2003年にここに越してきたばかりの頃に買って、しばらくやって
いたが、時間の消費が激しいのでやめた。だから久しぶり。とはいえ、
この間もやったが。この間はセーブデータの呂布でやって、今回は
最初から孫堅でやった。しかし途上、隙を張角残党に付け込まれ、
腹を立ててやめた。今にしてみると、あのままやっても支障なかったかも。
夜は久しぶりのみるもりさんの手料理。鶏のチーズ焼き、茸の大根おろし
サラダ、スープ、蟹ご飯。彼女は本に書いてあるようなありきたり料理より、
こういう料理の方が力を発揮する。うまい。満腹。あとはだらだら。
そんな怠惰な1日。

一昨日のこと。

職場は4人で構成されている。離れ小島のような部署である。
私は30前。1人は60代半ば。1人は50台半ば。もう1人は20代半ば。
で、その20代半ばの人がやめてしまう。
母校の正職員になるそうで、非常にめでたい話だが、来週からは
3人体制。しかも年齢差がひどい。泣く。
彼女の送別会を夜に、烏丸御池の酔心で。なぜこの店かはなぞ。
以前、おやめになったO氏も参加。本部のお偉いさんお2人も参加。
ひとしきり飲み、烏丸三条新風館の飲み屋へ移動。さらに飲む。
私はまったく食えず、あまり飲まず。こういう場では本当に食欲がない
自分。緊張するせいだろうか。未だに食えない。
彼女の門限は10時と聞いていたので早く帰れるだろうと思ったのに、
店を出たのは10時30分。お偉いさんのタクシーで京都駅まで。
京都駅からはお偉いさん1人と一緒。執行体制に関して雑談。帰宅は
11時過ぎ。以上。

自分に絶望。

いやいや。
三連休。左程ありがたく感じなくなってしまったのは夏休みのせい。
でも、夏休みももう終り。ああ。

sactaccさんにみるもりさんは会いに行くことになった。
私も行きたかったけど、岡山まで二人分出すのが今はきついので、
彼女単身。なんてったってルームシェアをしていた彼女にとっては
特別な相手ですから。私を踏み台にして行って下さい。

久しぶりに愛人に会いに行くということで彼女のはしゃぎようったらない。
発散にカラオケに行くことにした。
・・・失敗。歌えども歌えども、徒労感ばかり。自分の音痴さにうんざり。
みるもりさんは結構、歌いたい曲が歌えたと思うけど、7連続ユーミンに
ちょっと私はげんなりして機嫌が悪くなってしまった。自分に対して腹を
立ててたのもあるが。
3時間監禁後、開放。
移転した近所の古本屋に行く。病院だった建物をそのまま古本屋にした
奇妙な店。6階建てなので、広くなったのかと思ったら使っているのは1階のみ。
狭い。うむむ。「大使閣下の料理人」第1巻(講談社)を購入。結構主人公が好き
なんだよね。でも、彼が妻帯者なのをはじめて知った。
その後、国道沿いのファミレス「サイゼリヤ」へ。安い!サイドオーダー5品頼んで
も、計1800円安い。カラオケ、ファミレスコースがまるで高校生のデートのようで
2人で笑う。
洗剤やら不足したものや酒、肴を買って帰宅。
帰宅後、ぼおっとしてたら県内在住のK夫妻より電話があった。やりとりのうちに
今からうちに来るらしい。連休最終日はつぶれそうである。

2005-09-22

気になるニュースあれこれ。

ドリフ20年ぶり生コント! (日刊スポーツ) - 9月22日9時54分更新

非っ常に複雑。見たいかっていえば、微妙。
昔、幼い頃、もう笑いすぎて呼吸困難になるくらい「8時だよ、全員集合!」は
大好きだったけど、ドリフDVDを素直には楽しめない自分としては、やっぱり
この復活劇は素直に楽しめないなあ。

「プロジェクトX」来春で終了へ  (読売新聞) - 9月22日12時1分更新

2000年3月にスタートしたらしい。たしかにネタ切れ感は否めなかった。
今年10月満23年を迎える「笑っていいとも」にも不穏な珍事が起きてたが。

 マグロの生ハム:「うまい」口コミで評判広がる 那智勝浦の水産会社商品化 /和歌山

(毎日新聞) - 9月21日17時10分更新

たしかに、うまそう。食べてみたいぞ、これ。

ストリップダンサーがニューオーリンズの復興に一役 (ロイター) - 9月22日11時53分更新

いい話だね。
なんだか非常に興味深い。ストリップで癒される警察官や軍の人達。そういうのも
ありだと思う。日本だったら多分、顰蹙ものだろうけど、こういうのも大事なんじゃないかな。
でも女性はいないのかな?女性は何に癒されるんだろうか。

掲示板に1書き込み100円だそうだ。

ご本人には不快な書き込みだろうし、出典は控えさせていただくが、
私がよく拝見しているサイトで、タイトルのような書き込みがあった。
掲示板やBlogによく見られる出会い系書き込み。どんなシステムで
機能しているのだろうか、と気になっていた。
1書き込み100円なら、わりにいいわな。不特定多数の世界である
ネットワーク上だし、誰が書き込んだかを割り出すのも手間だし、
犯罪ではないし(多分)。

裏とか、半分裏とかの世界のシステムは非常によくできている場合が
多いが、なるほど、こうやってネットワークの汚物は誕生しているのか。

2005-09-21

2つのサヨウナラ。

<訃報>後藤田正晴さん91歳=元官房長官、副総理・法相  (毎日新聞) - 9月21日13時39分更新

親父が好きだったんだろうか?とにかく後藤田さんを意識しだした時期には既に
後藤田さんはもう老人だった。たしか親父だったと思うのだが、誰かが、後藤田さんは
切れ者で尊敬している、といっていて、それから意識しだした。
その頃には既に一線を退いておられたがときどき出てくる氏の発言はいつもうなずける
もので、後藤田さんへの私の尊敬の念は高かった。
よい意味で枯れた老人が好きである。正に後藤田さんはその典型だった。
政界の亡者に比べても雲泥の差だ。果たして今の政界に氏ほどの人はどれだけいる
のやら。享年91歳。

ドラえもんテーマ曲も交代、夏川が歌う (日刊スポーツ) - 9月21日9時48分更新

ドラえもんがそれほど好きだったという記憶はない。
当たり前に毎週必ず見ていた。ガンダムなどのロボット物に比べると、ごっこ遊びが
できるわけでもないし、おもちゃもなかったと記憶しているので、夢中になって見た
記憶もない。本当に日常そのものだった。無論、オープニングはあの曲。
声優も代わり、オープニングも代わってしまう。でもストーリーは同じ。なんとも不思議
な気分だ。この間、新声優版「独裁スイッチ」を見て、大泣きしちゃったけど。

おまけ。
野々村「ふしぎ発見」初パーフェクト賞の記念パーティー  (サンケイスポーツ) - 9月21日8時3分更新

出演20年目にして、と記事中にあるが、20年やってるのか。長寿だなあ。
黒柳徹子も72歳。たまあに最近でも見るが、ずいぶん様変わりしていてまるで
別物のようだ。草野さんや坂東さんや黒柳さん、野々村さんを見ているとほっとするけど。
実家では毎週見てたなあ。野々村さんもやられ役とはサヨウナラだね。
しかし奥さん。帝国ホテルで記念パーティーはしたそうですよ。

昨夜、四条烏丸大丸で。

地下のレピシエに紅茶を買いに行った。
朝用のアッサム。学生の頃は、ミルクティが嫌いで、ダージリンの
ストレートばかりを飲んでいたが、働き出してからは朝のミルクティが
大切な栄養源となっている。食欲のないときでも、ミルクティで多少の
栄養補給。ということで、ここ1年ほど、アッサムの減りがすごく早い。

1、2ヶ月ぶりのレピシエはずいぶん、品揃えが変わってた。
緑碧茶園系の緑茶が増えてた。紅茶系のスペースは当然、減った。
店員のお姉さんが変わっていなかったのが救い。
サイト検索すると、レピシエと緑碧茶園が統合されてルピシエになった
んだそうだ。URLはレピシエのスペルのまんまだが。

地下大丸入り口の2階のお店。
フォトナム&メイソンのコンセプトショップに変わるらしい。
どんなお店だろう?フォトナム&メイソンは最近はめっきり買わなくなった
けど、学生時代は缶のデザインが好きで、値段も手ごろだったので、愛飲
してた。10月5日オープンだそうな。

今週23日にはミヤモトシンタ氏行きつけのラ・メランジェが職場の近所にできる。
四条烏丸への足は遠のきそうだな・・・。

2005-09-20

杜の都と市長と100万本のけやきの植樹。

主旨がわからん。
なんで、けやきなのか、なんで100万本なのか。
思いつきなのか、深い理由があってのことなのか。
なんの理由もなしの思いつきならバカだ。こんな人間を市長にするあたり、
仙台市民もよくわからん。市長としての政策がこれまで充実した立派なもの
だったからなのか。
100万本のけやき。けやきは特に秋の落葉も多いし、街路樹だと、周辺が大変。
たしかに騒音対策としてはけやきの小さな葉が大量についた木は効果的かも
しらんが。

たしかに植樹は大切なことだけど、場所ごとに適した植生があるし、街路樹といえば
けやきという発想で、杜の都を作りたいのなら本当にバカだしやめた方がいい。
仙台市の本来の植生がよくわからないので、本当に現状ではなんとも判断できない
ことではあるが、それにしても。

「仙台にケヤキ100万本植樹」 市長公約、大丈夫? (河北新報) - 9月20日7時6分更新

今日の気になるニュース。

健康配慮し認定基準 京のおばんざい弁当   (京都新聞) - 9月19日10時42分更新

京都ブランドはまだ続く?どう売り出すのか、協力企業の数が物をいいそう。
個人的には、値段による。

ビリケンさん、親善大使に VIP待遇で初の上京 (共同通信) - 9月20日11時55分更新

ビリケンといえば、映画の杉本哲太が好き。よかったなあ、あの変な空気が。

【中華芸能】陳冠希:舞台挨拶「エディ~!」の歓声に戸惑い?
(サーチナ・中国情報局) - 9月20日8時29分更新

こんなところに BONNIE PINK。みるもりさんが好きで、私もRioに入れているけど、
露出が少ない人なので、意外だった。

「日本人と犬は入るな」=商店に横断幕-中国吉林省
(時事通信) - 9月19日23時0分更新

こういうのが嫌い。日本でもありえるだろうか?あり得ないという前提で考えてしまうが、
大衆がこういうことを平気でやるあたりがどうも中国を嫌いな原因なんだよなあ。
でも案外、日本でもこういうことはあるのだろうか?ネット上のモラルの低さは感じるけど。

2005-09-19

少女たちの「かわいい」天皇

サブカルチャー天皇論・大塚英志・角川文庫
読了。
文章の組み立て、論文の並べ方。平明な文章。非常にわかりやすい論旨。
この手の評論の入門書としては最適と思う。
内容に関してはなんとも門外漢には判断に困る。

現在、日本人は何にナショナリズムを感じるべきか。
大嘗祭すら実は再現されたものであるということを知った。
では現在の皇室とは一体なんなのか。血統もまた、本当に
神代から継承されているか怪しいものだし、祭祀もまた
継承されていないのであれば、一体、皇室とはなんなのか。
GHQが利用した単なる飾りに過ぎないのか。
昭和帝と今上帝との落差はどう穴埋めすべきか。
そもそも今の世に天皇はいるのか。
皇室の人権とは?皇室の人々は人じゃないのか?
日本の伝統とは?国とは?非常にわかりやすくこういった
問題を問題として挙げてくれた。
端々にアニメが出てくる。出方が非常に頷ける。
論旨が明快すぎて、読者の思考は停止してしまうかもしれない。
素直に頷いてしまうだけで、疑問というものを感じられないかもしれない。
そういう意味でライトノベル的。正にサブカルチャー的社会批評だと思う。

TVタックル

小泉劇場型政治は非常にTVタックルと合ってるなあ。
わかりやすくおもしろい。ワイドショー政治は市民に政治を近づけたという
大きな功績がある。無論、一長一短はあるにせよ。
表面的な報道により、おもしろければよい、的な発想で、結果的に政治の
本質が見えにくくなっているという問題は無論、ある。
イラクのこと、アメリカとの関係、靖国問題、税金、社会保障。他は思いつかないけど。
でも、無関心よりかは国民の関心があった方がよい。

2005-09-18

昨日の晩から今日にかけて。

岡田克也事務所にメールを送った。
民主党党首は岡田さんがふさわしいし、小泉さん亡き後、早晩、自民党は
つぶれるし、民主党も前原さんは器に見えないから、民主党の建て直しに
再び返り咲いて欲しいこと、そうなったら次回は民主党に必ず入れると。
無党派の一国民に過ぎないが、平凡であることを自負する自分としては、
私のような無党派は結構いるのではないかと思う、そんなことを書いてみた。

メール後、京都へ。みるもりさんと落ち合う。京都・伊勢丹のレストラン街の
にんにく屋五右衛門へ。にんにく料理をどっさり頂くが、アジア系の米麺は
しっかりしすぎてて食べにくい。歯茎が腫れた。

今日はミヤモトシンタ氏も行った「チャーリーとチョコレート工場」をたれひよさん
みるもりさんと観に行った。タイミングよく始まる直前にいけたので、吹き替え版を
見た。正解。字幕より勢いを殺さずに見れたと思う。すっごくおもしろい。
ふてぶてしい顔の小人たちウンパ・ルンパが最高。ミュージカルのようなしかし
非常に馬鹿にした彼らの踊りが圧巻。
チャーリーはいい子だし、おじいちゃんたちもいい人たちだし。
チャーリー以外の子供たちとその親以外のすべての人々がいい人だった。
ストーリーも気持ちのよい、楽しい映画だった。ジョニー・デップ演じるウォンカが
また、かわいく、格好いい。いいじゃない。こういう娯楽映画を映画館で見るのって
すごく気持ちいい。よかった。ポストカードを2枚購入。

その後、膳所で買い物。
ボディショップでボディバターを購入。種類を変えつつ、4年くらい愛用している。
今回はSHEAを。一番、べたっとしているけど、一番、香りは好き。

さらにライトオンで、ジーンズを購入。ジーンズ。普段着としてよく来ているし、
現場作業の場合は職場にも着ていくのに、持っていたのは弟のお下がりと
古着だけ。古着は昔から好きなボタンジップのLEVI'Sだけど、穴あき。
職場にも着ていける体に合ったものがずっとほしかった。遂に買えた。
見ているとすぐにかわいい小声の店員さんが来た。手に持っているのを見せられる。
私も歯茎が腫れて小声のコミュニケーションでいくつかを選び、試着。
LEVI'S517を購入。ボタンも錆びていい感じだけど、2005年の新作らしい。
濃い藍でタイトなブーツカットで気に入ってしまった。洗うのが面倒くさそうだけど。

夕食は草津のモクモクファーム。牧場経営のお肉屋さんが経営するレストランの
バイキング。ソーセージがおいしい。お惣菜も品数豊富で工夫されてておいしい。
葱と油揚げのぬたとか、茄子の煮びたしとか。デザートも和食系で白玉団子とか、
抹茶白玉とか、あとはヨーグルトとか、ゴマ豆腐とか。梨もよく熟れてて甘い。
これで歯茎が腫れてなかったら本当によかったのだが。

腹ごなしにA-スクエアに立ち寄る。驚きだったのは日本では販売を殆どしていない
はずのランス・アームストロング財団の黄色いバンド「LIVE STRONG」が靴下屋で
売ってたこと。癌にかかりながら、自転車のレース・ツールド・フランスで優勝を続ける
ランス・アームストロング選手が癌の撲滅のためにはじめた活動。
最初は個人のお金ではじめて次第に広げ、今は財団で行っている。
黄色なのは彼のパーソナルカラーが黄色だから。
でも、なぜか靴下屋では色は多種多様で、しかもL・M・Sの3種類があった。
パチモンかと思ったけど、しっかり「LIVE STRONG」とあるし、しかもランス
・アームストロングの名前もある。多分、本物。420円。スニーカーソックス3足と
ともに購入。たまにはこういう店にも入ってみるもんだ。

今日は中秋の名月。この間、ミヤモトシンタ氏に教わる。月がすっごく綺麗。以上。

2005-09-17

愛すべき娘たち

よしながふみ 白泉社
みるもりさんから薦められて読む。よしながふみさんといえば、
「西洋骨董洋菓子店」や「愛がなくても食っていけます」は読んで
いたが根本的に「きれいな」BOY'S LOVE系の人なので、肌が
合わない。繊細な線で男の同性愛を描かれると少々、気恥ずかしい
ものを感じるので。原因は昔読んだホームズとルパンとワトソンの
三角関係を描いた奇書「世紀末探偵倶楽部」四谷シモーヌの影響が
あるのかもしれない。ショタ系とかならまだ読めるが、成熟した男性同士
はさすがにつらい。それ以前に硬質なよしながふみ氏の絵がさほど好き
でもないというのがそもそもの原因だが。
そんなこんなで最初は少しいやがりながらも読み出したのだが、おもしろい。
榎本ナリコ氏のセンチメントの季節にどこか似た女性に主眼を置いた心象風景の
数々。全5編。娘より年下の男と再婚した母親と娘。非常勤講師と学生。
祖母と娘と孫。中学生の友情。イノセントな女。
ありふれた物語によしなが色を加えた作品。
よしながふみの良さとはどこにあるのだろう。絵はうまくない。
物語りも比較的ありふれている。キャラクターも珍しくもない。しかしどこか読ませる。
最終話の最初の3ページが特に好きだ。

活躍するひとびと。

この間、みるもりさんから借りたよしながふみの漫画の中で、
3人の中学生の少女たちが、自分たちの夢を語り、その後、
大人になった彼女たちが夢について思い出す、という話が
あった。

さて、この間、県内在住のO氏と話していたとき、O氏が2人の
共通の学生時代の知り合いS氏が大阪でダンサーとしてがんばって
いるということを聞いた。夢を追い続けている知り合いがずいぶん減った
という話となった。
昨日、santaccさんからメールが来た。彼女は大学卒業後、みるもりさん
ルームシェアをしていた相手であり、私が学生時代に住んでいたマンションの
別フロアに住んでいて、みるもりさんの学生時代のバイト先の同僚だったという
縁の人だ。彼女は近所の芸術系大学の学生さんで、私たちと同じ学年。
年齢は私の1こ下でつまりみるもりさんより1こ上。ボールペン画の人で、
学生時代もグループ展などをされていた。大阪でみるもりさんと同居している
間に郷里の恩師からのお誘いを受け、今は郷里のテレビ局に勤めている。
彼女はテレビ局に勤めながら絵画の道も続けている。今度、個展もやるようだ。

高校時代の友人Nは、古い映画が好きでカメラマンを目指している。
今は某テレビ局の子会社で報道系のカメラアシスタントをやっている。

前述のOも、酒好きが講じて今や中堅?の酒屋で活躍している。
先日会ったら33万円で安売りしていたワインを自分用に買うかを悩んでいた。
職場の会員で、客としての購入ランキングで常に上位を維持しているようだ。

ミヤモトシンタ氏も研究と趣味をうまく両立させながら奇妙な人生を邁進している。

みるもりちひろ氏もまた、悩み悩み、回り道を繰り返しながら創作活動を続けている。

こうやって見てみると、結構、周りで夢を追いかけている人間っているじゃんって
思う、今日この頃。そういう自分の夢は高校時代から穏やかな老後なので、まあ、
私もまた夢を求めて邁進しているのかもしれない。

本題。昨日の日記。

ミヤモトシンタ氏と夕方、烏丸三条で落ち合う。彼と職場以外で会うのも実に
・・・何ヶ月ぶりだろう?
今回は氏から借りていたヘッドフォン数点の返却と氏が余って仕方がない
というアールグレイの茶葉数点を頂くこと、それから同じくうんざりされている
ご実家から送られてきた静岡茶と宇治茶を交換することが目的である。
氏にとっては余り物なのだが、下々の身どもとしては非常に貴重なお宝であるわけ
でありがたい。
かわいいリプトンの小さな缶に入ったアールグレイは4種類。
ウェッジウッド、陶和、トワイニング、トワイニングのレディグレイ。さすがは氏は
趣味がよい。
日本茶は静岡市駿河区の小柳津精一商店のお茶。ありがたや、ありがたや。

氏は今日はチャーリーとチョコレート工場をご観賞あそばされたとのこと。
ロアルド・ダール原作ということで、ちょっと変わった話だろうし、絵もきれいだし、
私も気になっていた。氏によると抱腹絶倒らしい。みるもりさんも乗り気なようなので
私たちも明日、気が向けば見に行くかも。

烏丸御池の老舗・せいほうにて2人でお茶をする。みるもりさんをのぞけば、
職場のKさんと並んで、気楽に甘いものとお茶を楽しめる相手である。
しかも、Kさんと違って仕事の話以外ができるという意味で非常に貴重な存在。
しかし男然とした氏と2人で紅茶を嗜みながらしばし話を弾ませるというのも
周りから見たらいかがなものなのだろう。
氏の日常、サイトの絵の話、紅茶の話など、いやいや、楽しい時間であった。
紅葉のシーズンになったらきっと、氏から今年の紅葉狩りに関するお誘いも
いただけるに違いない。楽しみである。
・・・毎度のことながらこの手のアウトドア系は完全他力本願な自分がなんとも笑える。

少女たちの「かわいい」天皇

大塚英志 角川文庫 を購入。最初に目にしたのは2年前、今はなき
最寄り駅の書店。最初に目にしたときに買っても良かったが、なんとなく
買わぬままに来た。しかし一昨日、BOOKOFFでふと買う気になったものの
探してもなかったので、欲求が高まったのだ。もうぼちぼち並んでいるかと
思っただけに。
昨日、帰宅途中に購入。
この間、昭和天皇の言葉を集めた「陛下のご質問」岩見隆夫 文春文庫を
買ったわけだが、そもそも昭和天皇に関心をもった原因はこの「少女たちの-」
である。大塚英志が私に与えた影響は非常に大きく、そもそも出身大学であり、
今も働いている母校に入学した原因も彼にある。当時、彼が原作を書いていた
「北神伝綺」森美夏 角川書店 に描かれる柳田國男に傾倒して民俗学を
勉強したい、と切望したが故に私はあの大学に入ったのだ。
まだ読んでいる最中なので、いずれこの本の感想も書くことになるだろう。
とりあえず、買った。ついに。

少女のパンツを見た。

地下鉄。向かいに乗ってる少女はよく寝ていた。
ふとみるとパンツが見えてる。かねてこういう機会もなく、一度は
お目にかかりたいと思っていた。

しかし実際に目の当たりにすると、「おっ」とうれしいという感情より、
むしろ「いたいたしさ」とそれを見てしまった自分への不快さの方が強かった。
この間、みるもりさんに薦められて読んだよしながふみさんの漫画で、
非常勤講師が研究室で学生に迫られて、巨乳は好きだけど、ここでは
嫌だ、と叫ぶシーンがあったが、ふと思い出された。

私の惨事。

昨日について、書きたいことがいつにも増していろいろあるのだが、
まずはこのお話。

帰宅、冷蔵庫の野菜室を開ける。水浸し。
現在、野菜室には2Lペットボトルの水1本、料理用の日本酒1本と少し、
もらいものでやり場に困る1升瓶の日本酒1本(先日開封)、みるもりさんの
コンタクト用の精製水と、これだけの透明な液体がある。どれか。
嗅ぐ。酒臭い。よりにもよって開封済み1升瓶だった。
この前、たこすけさんが野菜室でお茶をぶちまけた事件を読んでて、
お気の毒に、と思っていたが、はあ。まずは上の棚を外し、中のものを
すべて出し、悩む。見るとはずせそうなので、はずす。はずして中を
取り外し、流しで流して、風呂場で洗う。拭く。戻す。出したものも惨状を
確認し、洗い、拭いて戻す。被害総数・・・ごぼう3本。

NHK「秘太刀馬の骨」を見ながら料理。葱を刻んでいるとき、再び悲劇が。
左手の中指をざっくり。滅多にないくらいの流血。あわててバンドエイドを
探すが、指用がなかった。これはある種幸いだった。大判のものを貼る。
深かったので、しばし呆然。みるみるバンドエイドが血に染まる。これを
口実に料理を中断し、馬の骨を見る。今日は大泉洋さんも所属する
チームナックスの音尾さんが出演する日で、堪能。なかなかよい役ではないか。
みるもりさんが風呂から出た音が聞こえたので料理を再開。今日は非常に
幸いなことに昨日のチンジャオロースが結構残っていたので、これと舞茸・茗荷の
味噌汁と、納豆という非常に安楽な料理だったので、大してすることは
ない。誤魔化しながら進めようと考える。しかしバンドエイドがすごく邪魔。
しかしなんとかやっつける。バンドエイドの血は色濃くなっていき、そして。
バンドエイドの空気穴から血が溢れた。ということで片付けはみるもりさんに完全
委任。
缶で切ることやひび割れなんかはよくあるのだが、刃物で血を出したことは
恐らく学生時代以来だ。しかもだくだく血が流れるなんて鼻血くらいしか記憶にない。

先ほどバンドエイドを取り替えたら既に血は止まり、傷口もふさがりつつあった。
人間の回復能力は大したもんだ。

2005-09-16

熱っちぃ地球は冷ませるか?

毎度のことながら、環境がらみのニュースはajiさんの鯵、環境民俗学ヲ嗜ム
をソースとさせていただいているわけであるが。

環境などの社会貢献に熱心なタレントといえば、坂本龍一、ミスチルの桜井、
GLAYのTERU、藤原紀香、黒柳徹子あたりかなあ、と思うのだが、そんな中で
異彩を放っているように私に見えるのがモーニング娘。
地球温暖化対策キャンペーンといえばなぜか彼女たちが出てくる。
宗教がらみのようなややこしいサイドではなく純然たる社会貢献系での活動なのだが、
よくわからない。つんくが積極的なのか、活動の参加組織の方針なのか。
麻薬などの犯罪がらみでイメージを落とすことは考えにくいし、クリーンな印象で
キャンペーンをやれる。年齢層も低いので、大人から子供まで関心をもつ。
なかなかうまいキャスティングだと思うけど、果たして。
しかし最近のモー娘に誰かいたかいな、と思ってみたら吉澤がいた。
周りがゴマキやなっちが好きな頃から私は吉澤が気に入っている。保田も気に入って
たけど。ということで、これはこれでよし。

楽天市場 モーニング娘。熱っちぃ地球を冷ますんだっ

ひさしぶりのケンコバ。

ケンドーコバヤシはこの世代のお笑いの中で結構好きだ。

昔深夜番組であてどもなく街中をうろつく番組があったのだが、
彼がよかった。最近、テレビを見ないせいもあるが、全く彼を見なくなった。

久しぶりに見た。がんばっているらしい。でも、他のお笑い芸人に比べ
テレビ露出が少ないのは人気がないせいだろうか?

ケンコバ1日編集局長が大暴れ!(デイリースポーツ) - 9月16日11時8分更新

またリメイク。

ガンダム、永井豪作品、ルパン三世など明らかに三十前後の
大人になった子供たちを対象としたリメイクが続くが今度は北斗の拳。
ついに出たかといった感じだが、それにしてもなぜ声優が俳優?
昔の声で観たいよ。

真救世主伝説 北斗の拳公式ページ

阿部寛ケンシロウ「悪役の美学」 (デイリースポーツ) - 9月16日11時8分更新

阿部寛ならいっそのこと実写でやればいいのに。CGばりばりの。

2005-09-15

水曜どうでしょう新シリーズ。

どうやら10月19日(水)夜11:15~全8回予定らしい。
水曜どうでしょうのコミュニティで知ったのだけど。
北海道民はすぐ見れるけど、関西ではいつのことやら。
KBS京都さん、サンテレビさん、どうぞよろしくお願いします!

アメリカの鱒釣り

リチャード・ブローティガン 藤本和子訳 新潮文庫。
読了。帯は柴田元幸さんで、「藤本和子訳『アメリカの鱒釣り』は
翻訳史上の革命的事件だった。」という文面に惹かれる。
表紙の怪しい老夫婦にも。
柴田さんのコメントの下には
「世界で200万部のベストセラー。
魔法のように美しい
ブローティガンの最高傑作ついに文庫化!」ともある。
読んでみた。
・・・判断に困る箇所が多々。全47篇なのだが、すんなり入れる
ものもあれば最後まで「?」というものも。多分、「?」は「?」のままで
よいのだと思う。わからせようとか、何か深い意味をもたせようとかではなく
心象的な、イメージ的な内容なので、何度か読んでいるうちにどこかで、
納得できることもあるのだろう。
柴田元幸氏の解説の中で帯の文のあとに「この後に登場するアメリカ文学の
名翻訳者村上春樹の翻訳にしても-そして個々の言葉や比喩の使い方といった
次元で考えれば、作家村上春樹の作品でさえ-『アメリカの鱒釣り』をはじめと
する藤本和子の訳業抜きでは考えられない。」とあった。いわれてみるとそうかも
しれない。果たして村上春樹氏がこの本を読んでいたかどうか、これは氏と仲の
よい柴田氏が言うのだからその可能性は高いのだが、たしかに村上春樹の小説
の雰囲気とどことなく似たものがこの本にはあった。もしも村上春樹の前にこの本
を読んでいたらまた、私の読後感も変わっていたかもしれない。
この本で今のところ私が気に入っているのはこの5話。
「クリーヴランド建造物取壊し会社」
「ヘイマン・クリークに鱒がのぼってきた最後の年のこと」
「墓場の鱒釣り」
「Sea,Sea Rider」
「<アメリカの鱒釣りちんちくりん>に関する最終記述」
ロバート・フルガムもそうなんだけど、アメリカの短編作家の書くもので私の好きな
作品の印象はどれも似ているような気がする。印象?空気?そんなところが。
フルガムはエッセイだけど、まあ本書もエッセイなんだか、小説なんだか詩なんだか
よくわからん。穏やかになれるのは間違いない。
人にはお薦めできないけど俺は好き的な本がまた1冊、本棚に増えた。

民主党党首。

岡田さんが1番、いいんじゃない?
大敗の責任をとって敗戦処理と次回の基礎作りをさせるべきでは。
菅さん、小沢さん、前原さん。この3人を見てても、岡田さんがよっぽど
ましに見える。今回は明らかに作戦負けだけど、岡田さんだから負けた
っていうことではないと思う。今回は誰が党首でも負けたと思うし、岡田さんは
ばばを引いただけだ。誠実一途な岡田さんのままで、続けた方が次回の
選挙の勝ち目があると思うのだが。とにかくあの3人。胡散臭そうに見えて
仕方がない。この敗戦で一皮剥けた彼にぜひ。

村上開新堂、その他。

敬老の日も近いので実家に同居をはじめた母方の祖母へ何か葉書でも送りな
さいと母からご指示が。気がつかなかった。そこで、書いてはみたものの、どうも
いざとなると書くことがない。そもそも目も耳も遠くなってしまった祖母にどう
いう内容で書けばよいのか?そこで、何か舌に訴えるようなものの方がわかり
やすいのでは、と思った私が最初にぴんと来たのが村上開新堂。池波正太郎が
愛したこのお店は私のお気に入り。単価は高いけど極上なここの好事福盧という
お菓子は要はみかんを本体とするゼリー。これがうまい。甘いものがあまり好き
ではない弟も喜ぶ味。もちろんうちは夫婦で好物。これならどこでも喜んでくれる
だろうと、父方の祖母やこの間お世話になった伯父、みるもりさんのご実家へ
送ろうと考えた。そこで母に今日、相談したところ、母方の祖母は偏食がひどくなり、
ショートケーキとポカリスェットと、とうもろこし以外のものに目を向けなくなってしまっ
たとのこと。送っても喜ばないだろうといわれてしまう。では何が、と聞いたら
とうもろこしか、栗ならよいと。じゃあ、丹波栗でも物色しようと、京都へ。
まずは村上開新堂で好事福盧を。しかし、あれは冬のお菓子だそう。材料が蜜柑
なんだから考えてみると当たり前だ。同じ製法のオレンジゼリーを買う。
高い。1個600円。発送は5個から。自宅用の2個と含めて計14000円。
それからミヤモトシンタ氏用に一保堂でお茶を200g。
柿本という紙屋さんで自宅用に一筆箋を購入。そして錦小路へ。遠い。二条から
だと結構、歩く。地方発送してくれるお店を探す。前にできたしっかりとしたつくりの
八百屋さんならあるだろうということで、行ってみる。あった。買って、送る。
今日の用事はそれだけ。帰りの電車用にブックオフで本を漁るが、めぼしいものなし。
で、京都を出る。所要時間は2時間。職場も京都なので目新しさはまったくなし。
でも地方の人に喜ばれるものが集まっているので助かる。

今日は昨日の残りのミートボールスープと、チンジャオロースと納豆とサラダ。
並べてみるとすごい組み合わせ。当然、食後はオレンジゼリー。

2005-09-14

最近、気になった人々。

衆院選投票日当日、山科の駅で読売テレビの腕章をつけたスーツの
少女の右腕に白と黄色のバンドがあった。「ほっとけないプロジェクト」
と「ライブ・ストロング」のバンドなんだと思う。本人に確認したわけでは
ないが。両方している人、始めてみた。黄色い方は日本ではほとんど
販売していないはず。

今朝、黒くて薄い生地のスカートで、リュックを背負って、ややがにまたの
お姉さん。小脇にサンデーかな?抱えてた。なんとなく気になった。

昨日の鶏屋さん「鶏太郎」のお姉さん。若そうなのにお店をちゃんと
切り盛りしていた。店長の秘蔵っ子なんだと思う。たまにこういうお姉さん
を見ると感心する。店に1人こういう人がいるといいよね。年を聞いたら
近々19歳になるらしい。若い。

2005-09-13

また酔っ払い。

仕事が急に入ったということで、来れなくなったはずの同級生Oから
今朝メールが来た。今日は休みになったとのこと。今は南彦根に
住んでいるらしく、実家に帰ってきたので声をかけてくれたらしい。
草津駅前近鉄の鶏太郎で昼間から呑む。彼はとなりのミラノ亭で
学生時代働いていて顔見知り。しかし店員は入れ替わってて店長
以外の顔見知りは居なかった様子。
今日は芋焼酎をロックで4杯。明らかに呑みすぎ。つまみは無理を
いってから揚げと焼き鳥。話に花が咲く。自宅に地酒1升あるので、
取りに来るかというと快諾。
自宅で再度飲むが俺は無理。コーラを飲むが、しばらく後、リバース。
情けない。つらつらと愚痴のような会話をする。
今、彼は昼寝中。すまんね。私はこうやって日記を書くと。

2005-09-12

『死神の精度』

先日来、気になっていた同書。
昨日、日曜日だというのに、片道1時間30分はかかるキャンパス本部へ
行くことになった私は、京都駅のイノダコーヒで早めの昼食をとるにあたって
気晴らしに買うことにした。

おもしろい。その日のうちに読んでしまった。1日で読んでしまうのは
実に久しぶりのことだ。

6篇の短編からなる小説である。
主人公は死神の千葉。ターゲットの死ぬ予定の8日前に現れ、その後の
7日間でターゲットは死ぬにふさわしいかどうかを判断して、本部へ伝える。
「可」の場合、8日目にターゲットは死ぬ。
同僚の中には大して判定もせずに「可」としてしまう人間もいるが、千葉は
仕事はまじめに取り組みたいので、できる限り厳密な審査の上に判断を
下す。しかしこの仕事は半ば儀礼的なもので、死神が判定を「可」とせずに
「見送り」にした例はほとんどない。それでも彼はまじめに仕事をこなす。
彼が仕事をするときには決まって雨が降る。
彼は無類の音楽好きで「人間の生んだ最大の産物は音楽で、最悪の産物は
渋滞だ」というのが彼の信念である。
いささか人間界に不慣れなため、ときどきちぐはぐなことを言って、相手から
「おもしろいな、あんた」といわれ、その度に自分はいつもまじめなのに、と
内心、気分が悪い。
素手で人間に触ると相手の寿命を1年縮めてしまう上に、相手は気絶してしまう
ため、素手で触らないように規定されているが、ときどき触ってしまう。

私はネガティブなアウトローがすきなんじゃないかと思う。つまり本人はいたって
平凡なつもりが、世間からはみ出しているタイプである。
村上春樹の「僕」や、森見登美彦の太陽の塔の「森本」のように。そしてこの本の
千葉のように。

ありえないくらい変なシチュエーションが多い。第1話「死神の精度」の出だしは
ともかくとして、かなりおかしな状況で千葉の仕事は遂行される。
死神は病死や自殺には関係しないそうで、他殺または事故が対象のために
これだけおかしなことになるのかもしれないが、それにしても異常な状況が多い。

しかし、最後の「死神VS老女」は非常に素敵な話だったし、読後感はとても爽やかだ。
最近は読んだ本がはずれだったことはほとんどないけど、その中でもかなり良書だと
思う。

選択を迫られると最近は気が遠くなる。

井上陽水がかなり前にテレビでそんなことを言っていた。
昔は何かを選択をする(たとえばファーストフードのレジなどで)のが
すごくいやだったが、最近はそういう状況になるとふっと気が遠くなる
んです、と。

さて、今日は休みの予定が、急に午後から出勤することになった。
京都駅で昼食について考えていると、そうだ、志津屋のカツサンドのポスター
あれうまそうだよなあ、と思い出して、志津屋へ行った。

駅構内のパン屋なのでスペースは狭い。いわゆるチェーンのパン屋の
パターン化された品揃えに比べると中央のサンドイッチのコーナーが
大きいし、ありきたりのパンも少ない。
カツサンドはどこだろう、と思ってみると、あったあったビーフカツミックスサンド。
真ん中にこれみよがしに置いてある。早速、手に取った。するとその下に
トンカツミックスサンドがある。牛より豚の方がサンドイッチはおいしいよね、
ということで、一度、戻してそちらを手に取る。他に何かないかな、と思って
後ろの棚を見てみると。そちらにはミックスではないビーフカツサンドがある。
あ、こっちの方がおいしそう、と手に取った直後、その脇にひとつ置いて
トンカツサンドが単品であった。

ということで、本日の昼食はトンカツサンド、サラダ、ミニフレンチトースト。
しかし、サンドイッチがボリュームがあったため、フレンチトーストは食べられず
今も机にいる。おやつに食べるか、持ち帰りか。悩ましいところである。

自民党圧勝。

これを期待していたとはいえ、少しびっくり。
昨夜、選挙番組をつけたときにまず目を疑った。あまりの大差に。

たしかにいろいろと問題はあると思う。
小泉さんはどちらかというと右翼的な面が強いし、韓国、中国との
関係は今後もあまり改善しなさそうだ。
赤字国債は発行され続け、今や考えたくないくらい国の借金は
増えている。
親米派だし、今後も某自転車大好きプレッツェル大好き大統領との
関係は続き、それは国民にとってあまりよくないこともいっぱいありそうだ。
何よりあの大統領と仲がよすぎるのはなんとも。

しかし、民主党が勝ったとしても結果として何も変わらなかったと思う。
弱小与党が生まれたら、それは既得権を望む各種団体の圧力に屈する
悲惨で停滞した日本の姿を作り出すことになるだろう。
「日本を変える」という言葉に踊らされているといわれてしまえばそれまで
だが、それでも、少しでも日本を変えられそうなチャンスを捨てるべきでは
ないと思う。

個人的な感情論で言えば、某北海道のおじさんやら広島県のおじさんやら
が生き残ってしまったことがとても残念だし、某社民党のおねえさんが復活
したことにも複雑な思いがある。あの人の辞職には陰謀的なものを感じる
けど、それにしてもいささか復活が早すぎる気がする。

これからの自民党は正念場だろう。どう転がっても次回の選挙は敗北するしかない。
ワイドショー政治にしてしまったのは自民党だし、そうなったら票は簡単に動くだろう。
いくらこれから「日本を変えて」も、期待はずれという印象だけが残ることになると
思う。野党はこれをチャンスと思って次回、がんばってもらいたいものだ。

2005-09-11

911。

911ですよ?よくこんな日に選挙やろうって思いますよね、日本。
テレビやポスターで、911って見るたびに日本の行政の正気を
疑いたくなる。1週間ずらすとか手はなかったのか?
それとも「日本をぶっつぶす」という意味なのか?
テロに最適じゃない?今日って。911。しかも衆議院選挙。
俺がテロリストなら絶対、この日を狙うぞ。日本をぶっつぶす。
正直、すごく不安。何か起こるんじゃないか?今日。

2005-09-10

歩出夏門行。

先日、どうでしょう本をみるもりさんと読んでいると、うれしーの文章が
堪えたようであった。曰く、人は自分の財布の中身をしっかり見ておいた
方がよい。30円しかないのに2万円のものをほしいと思っても買えない。
自分の才能に早く気づくべきだ、そうすればその金額に見合った精一杯
をがんばればよいのだから、という前向きなんだか後ろ向きなんだか、
よくわからないことを氏はおっしゃる。多分、前向きでも後ろ向きでもない
んだと思う。いつも自然体な気がするから。
で、とっても後ろ向きになりがちなみるもりさんは後ろ向きなことを仰る。
で、私は蒼天航路を毎度のことながら思い出してた。
石徳林と曹操との問答のシーン。
「何ももたない」「人を慈しむ」「人の先に立たない」この3つの宝を得て
私は死ぬ、という石に、曹操が俺とは全然違う、という。しかし石は、
「だがいっしょだ。」「自分が生きる力に一点の疑問も抱いたことがない」
といい、そして石は水と戯れる。曹操は歩出夏門行を詠いながら去って
いく、という場面である。その詩の全文はここのサイトの紹介が非常に
おもしろい(何様ランド)が、省略すると、「志在千里 烈士暮年 壮心不已」
という箇所が有名でよく引用される詩である。どんな長寿を誇る生き物も
いつかは朽ちる。しかし駿馬は千里を思い、烈士の晩年も壮心は已まない。
といった意味合いで、要は年老いてもがんばろうぜ、という詠み方のできる
詩である。

まあ、うれしーの言うことも一理あるんだけど、若いうちは少なくとも20代は
がむしゃらに自分の財布の中身も見ずに行きたいなと、思うわけである。
そのくせ自分は10代から若年寄で、今や立派なじじいだけれども、気持ち
だけはこういう方向で生きていきたい、そう思う。
それにしても上述のサイトで多分、初めて歩出夏門行の全文を読んだけど、
よい詩だ。こんな詩を書く人間ってすごくいいやつじゃん。
先日、飲みたい歴史上の偉人は?てなニュースがあったけど、曹操なんて
言葉が通じれば非常に愉快な飲みになると思う。ただし、演義では酒乱の気
があったけど。
「龍馬」が1位に=飲んでみたい歴史上人物-アサヒビール調査
(時事通信) - 9月9日19時1分更新

栞と紙魚子

酔いにまかせて買ってしまった「栞と紙魚子2、3」(諸星大二郎・ソノラマ文庫)。
同氏は日ごろ、ホラーをメインに書いているのだが、まあ、その反動が出ている
のだと思う。そのはちゃめちゃさが非常に好感がもてる。
くとるーちゃんが出てくると、不気味な話も一転して単なるギャグと化す。
ここらへん、ゆうきまさみの「究極超人あーる」や、あさりよしとお「宇宙家族
カールビンソン」を思わせるものがある。あーる君やおとうさんのようなすべてを
崩壊させてしまうほどの勢いがあのくとるーちゃんにはある。
コメディはホラーに勝る。そんな感じ。

それにしてもくとるーちゃんのお母さんっていったい誰だろう?
ウボサトゥラかしら。そしてお母さんと段一知先生はどうやってくとるーちゃんを
作ったのだろう?なぞは深まるばかりである。
くとるーのペットがヨグソトホート。アザトートはおじいちゃん、おばあちゃん?
ナイアーラトテップはどこにいるのか。いやいや。
実はあの町の住人はすべて旧支配者で、栞や紙魚子もその系統だったりして。
じゃあ、怪人ゾウ男はチャウナウグルファウグンだろうか?

くとるーちゃんのお母さんが人間になった姿は結構、美人だった。
本人はいやがってたけど。

酔いも冷めて。

昨夜、職場飲みのみるもりさんの帰宅を待ちながら「どうでしょう本第2弾」の
続きを読む。うれしーの文章は非常におもしろいけどやや冗長。より簡潔に
書いていたらほろりとしたかも。第1弾のスペイン牛追いあとがきの方がより
ほろっときた。
大泉小説「一生のそのさき」。まだつづくのか。序破急の整ったよい話だと思う。
四国八十八箇所を見ていないのが悔やまれる。大泉さんはやはりいい人だ、
と感じた今回のお話。でも、このまま終わらない方が個人的にはうれしい。
終わったらまた「ああ、終わってしまった」と思うことになりそうなのがつらい。
なんだか、水曜どうでしょうが本当に消滅してしまったように感じてしまいそうな
水曜どうでしょう・大泉の集大成といった観のある小説。
スタイリスト・小松の大ぎりは非常に面白い。韓国にとんだ流れのある分、
メリハリがあって楽しい。四宮プロデューサーのお話も面白い。でも、これだけ
持ち上げられると、先代のプロデューサーの立場は?とか思ったり。
うれしーの文で、僕らは失うものはなにもない。給料アップも昇進も何もなかった
分、もしもこれでブームが去ってしまったとしてもまた一からやり直せるという
ニュアンスの一文があった。なるほどなあ。正直、このままもしも水曜どうでしょう
のブームが去ったら4人は立ち直れないんだろう、と思っていた。だけど、これを
読んで安心した。でも、HTB。onちゃんの像建てるくらいなら少しでも4人に何か
してあげなよ。とかも思ったり。
結果として、第1弾ほどの勢いはなかったけど、逆に落ち着いてて面白かった。
ミスターが韓国で映画を製作に参加していたこの時期。24Hのコーナーで
大泉氏も舞台出演中であることを紹介され。ああ、みんなもう水曜どうでしょう
以外の場所で活躍しているんだなあ、という感慨が。
で、気がついたら1時前。もう少し早く寝るつもりだったのだが。

6時過ぎ。みるもりさん帰宅。気の毒に。
7時過ぎ、出勤。今日も今日とてビルで開催されるイベントのための店番。
仕事もないので、暇。昼食はローソン。800円も買ってしまった。サンドイッチと、
からあげくんと杏仁豆腐だけなのにね。蕎麦屋で食べた方がよっぽどやすいし、うまい。
でも初めて買ったからあげくん(チーズ)は意外なほどジューシーでおいしかった。

ごみ地獄。

家庭ごみでも不法投棄は不法投棄。
仕事忙くてもこまめに捨てましょうね。
6畳間に50センチの高さまで積もったごみ。
とても彼女とか呼べる環境じゃないだろうな。
給与明細を入れて捨ててしまってたあたり、よほど追い詰められて
余裕のなかった犯行だったことも伺える。

それにしてもこれだけ大量だから書類送検されたわけだが、
もっと小規模な「不法投棄」は結構あるんだろうな。
アニメ「ほーほけきょ、となりの山田くん」でもお母さんが
不法投棄しようとしてた。

<不法投棄>3年分のごみ134キロ 会社員書類送検
愛知 (毎日新聞) - 9月10日9時58分更新

2ちゃんねるには行かないけど。

明らかにこれはモナーだね。
著作権にうるさい音楽業界がこんなことやっててええのか、という
疑問は確かにごもっとも。
「・・・ネット掲示板において親しまれてきた『モナー』などのアスキーアート
にインスパイアされて映像化され ・・・」というのも明らかにおかしい。
盗作っていわない?こういうの。
著作者不在だからってあからさまな企業の横暴はその企業のイメージを
貶めるだけだと思うのだが。

「のまネコ」は「モナー」? ネットで騒動に 2005/09/09 18:24 更新 ITメディア

少し前に二十四の瞳を商標登録した企業もあったな (共同通信社 '05/05/19 ) 、
そういやあ。

2005-09-09

アメリカのこと。

酔っ払っているので、あまり書けません。
ただ、向山貴彦氏の文章はどうしても紹介したくて書きます。

向山さんはアメリカは第2の故郷ともいうべき方なので、ショックも
ひとしおだと思います。あえて個人的なコメントは避けて、引用を
中心にされているのも、日頃、嫌って程自分のことを書く氏との
ギャップが、氏のショックの深さを感じさせます。ぜひご一読ください。

まるで悪夢を見ているよう

酔っ払ってます。

なので、あまり書く気にはなれないけど、PC起動しちゃったので。
というのは理由にならないか。

高校の後輩Iさんと呑む。
久しぶりに連絡があって、会う。
今、働いている某大手PC屋さんを辞めて四国に行くらしい。
20代の人たちとベンチャービジネスをはじめるらしい。
やり手の2人と組むらしいし、なかなか実績もある2人だし、
金銭的には彼女の負担はないそうなので、そういう心配はない。
まだ若いので、多少の苦労も耐えられるだろう。既に大手との
取引も成立しそうな様子だし。しかし彼女はいろいろとこれまでも
苦労をしてきた子だし、どうも人生に投げやり感が強い。正直、
心配である。
まあ、そんな彼女と半日、話をした。これからもはらはらさせられ
そうだ。

2005-09-08

ホワイトバンドのお話。

一大ブームとなってしまったホワイトバンド。
どうやら、疑わしい部分もあるらしい。
ブームが冷めて、飽きられるという流れかと思ったのだが。
でもなあ、あんだけでかい話になっている以上、黒い部分
があってもおかしくないとは思うし、一概にそれがだめとは
思わないけど。主張自体は理解できるし。
組織の規模が大きくなるほど運営維持に使われる費用も
当然、大きくなるし、結果として募金という形での社会貢献が
少なくなるのも致し方ない。
スタイルとしてはるかにチームマイナス6%よりもウケやすい
やり方をして、300円もお金をださせながらこんだけ流行させた
という時点で、私は民俗学上、非常に興味深い現象だとは思う。

無論、だからといって善意を食い物にしたとしたら許すべくもない
にしても、「環境」だとか「社会貢献」だとかつけば、ボランティアで
お金儲けはいけないだとか、給料払うなとか、そういう無理な発想
では、いつまでたっても環境問題は二義的なものに終わってしまう。

結局、人は生きるためにはお金がいるし、組織運営にも当然
お金がかかる。こんだけでかいプロジェクトならなおさら。
詭弁ではなく、まっこうからほっとけない人達もそこらへんを明確に
訴えればこんだけ黒く見えずにすむんだろうね。

黒ずんできた、ホワイトバンド
(出典:鯵、環境民俗学ヲ嗜ム

ほっとけない世界のまずしさ

少し冷めた視線で観察し続けられたらな、と趣味的に今は感じている。
でも、たぶん、もうしばらくはバンドは腕にはめていると思う。
主張自体は賛同したいし。

LOHAS。

LOHASの人は自分の生活も追及するので、自宅に水用のサーバーを
置いたりするらしい。

ソトコト自体あまり好きではないが、ははあ。
やはり私にはついていけない世界です。

出典:鯵、環境民俗学ヲ嗜ム

どうでしょう本第2弾。

昨日着。まだ読んでいないけど、目次を見た感じ、ミスターがいない?
映画撮影時期だったんだっけ?D陣四国の旅が楽しみ。

樋口了一さんの1/6夢旅人2002も来た。2002じゃないものもほしい
のだが、なにやら著作権かなんかにひっかかったらしい。中古でどこかで
売ってるものだろうか?

楽しみが増えたじわじわ楽しむべし。

昨夜はどうでしょうリターンズの日。欧州リベンジ第6夜。ムンクさん大活躍。
北極圏で水に飛び込むミスターの芸人魂に脱帽。こうやって見ていると
オーストラリア編はまだまだだなって思うけど、欧州リベンジをDVDにすると
なると第何弾くらいになるんだ?そもそも何年後の話だ?
一生どうでしょうしないと本当に、第1弾の時期までたどりつくのは難しいんだろうな。
このままだったら老いた大泉さんが空港で一人でいても、「あ!大泉さん!」って
駆け寄るファンとかって出てくるんじゃないか?
サザエさんやドラえもんのような超長寿番組のように息の長い番組になってもおかしくない
のかも。

2005-09-07

タイムリーなガセビアだなあ。

でも明らかに作為的なガセビアよね。
天文時ではなく原子時計が基準になっているという話とのリンク具合が。
でも撮影時期からこの話を知っていたにしてもこのニュースの発表時期との
符号は合わないか。

2006年は、いつもより1秒長い1日で始まることに決定。ホントの話ですってば!
(RBB TODAY) - 9月6日22時50分更新

ウィルスっていえるのか?

アダルトサイトへの移動を封鎖するウィルス、トロイの木馬「Yusufali-A」。
コーランのウィンドウが表示されるあたり、非イスラム系なんだろうな、
と思う。

アダルトサイトへのアクセスを阻止するトロイの木馬「Yusufali-A」
(MYCOM PC WEB) - 9月7日3時38分更新

2005-09-06

今日の剣客商売

なんでか時代劇だとドラマを観る。いわゆるドラマは嫌いなのに。
時代劇やサスペンス系はふと見入るし、特に時代劇は役者次第では
最後まで見てしまう。
剣客商売は池波正太郎好き(なぜか鬼平はのぞく)の私としては
見ざるを得ない。藤田まことは好きでもなく嫌いでもなく。役者としては
内藤剛志と石倉三郎が今日はよかったかな。
といいながら検索したら羽賀儀平役が宍戸開で、美冬が寺島しのぶで、
田沼意次が平幹次郎だということを知る。田沼はいい声だな、って思った
けど、まさか平幹次郎氏とは知らず、美冬はいやに老けた人がやってる
なとは思ってたけどまさか寺島しのぶとは。いい役者使ってるなあ。
寺島しのぶは普通の和服より男装姿の方が俄然きれいだった。
いやはや。

それにしても「けんかく」といれたら「剣客」と変換されるPC。
いやいや日本語変換技術も大したもんです。

ネスケからFirefoxへ。

メインPCは今までネスケだったけど、思うところあり、とうとう
Firefox(どう略すんだろう?)に切り替えた。やっぱ使い心地がよい。
Netscape8の日本語版を待ちくたびれただけなんですけどね。
もうサポートってほとんどしていないらしいし、まあ、期待はしていなかった
とはいえ、ふと魔が差して乗り換え。ええわ。

ここ数日の近況。

金曜日から今日まで休み。金曜日は先日の舞鶴出張がすごく答えて
本当にきつかったので、休んだ。月曜日・火曜日は惰性。

土曜日はみるもりさんと膳所を散策。「ときめき坂」を歩き、自然食品の
OpenSesamiで昼食。ここのおねえさんが口の大きな笑顔の温かい人
なんだけど、お腹が大きくなってた。おめでた?
デリカを2人で8品。キッシュやサラダを中心に。おいしい。小さなお店なので
途中ずいぶん混んでたけど長居して、食後のお茶も味わう。
私はカモミールティにしたけど、特有のクセのないあっさり目。おいしい。

その後、パルコにてヴィレッジ・バンガードやらなにやら散策。へたれな私は
すぐくたびれる。ヴィレッジ・バンガードで流れてたナイスな昭和歌謡集
スカでひっぱれ! 昭和歌謡 VOL.2」を購入。勝手にシンドバッドがイカス。

日曜日は2人でまったり。夕食はカレー。
お仕事をされるみるもりさんを邪魔しないように近所の古本屋で時間をつぶして
いる間に3冊諸星大二郎を購入。「彼方より」「暗黒神話」「栞と紙魚子」。
稗田礼二郎ものがあまりなくて少しつまんない。でも栞と紙魚子はH.P.Lものの
ギャグマンガ、くとるーちゃんものが読めて満足。みるもりさんはこの手のわけの
わからない不気味さがとても怖いとおっしゃる。なるほど。私はH.P.Lものだって
わかってるけど、知らない人は単に不気味かもね。

月曜日・火曜日は1人でまったり。自分で淹れた珈琲をのんびり味わえる
ひとときが幸せ。
以上、だらけた休暇。でも昨日・今日は自宅仕事も少しやる。
昨日は学生対応、今日は書類作成。あんまり家で仕事はしたくないんだけどね。

そうそう、今日、何の気なしに高遠菜穂子さんのことを調べててうっかり2ちゃんねる
に行ってしまった。波長が近いので近づきたくない世界なんだけど、なにかを調べる
ときにはつい行ってしまう。そのものの負の側面が見たくて。で、しっかり負の側面を
堪能させてもらいました。

水だけでも買ってみた。

明日、夕方に近畿地方に台風は接近するらしい。
非常に動きが遅いということで、内心、途中で熱帯低気圧に
変わるんじゃねえかな、と思ってはいるものの。
水は買ったし、懐中電灯は小さいやつがあるし。
ラジオもあるし、缶詰もいくつかある。炭水化物が少し少ないか?
カセットコンロもあるし。避難場所は知らないけど、きっと近所の
学校だろう。とはいえ、上記のとおり、左程の心配はしていない。

午前中のうちに買い物も済ませ、午後はひきこもり。
でもときどきひどい雨は降るものの、今はやんでるみたい。
超ローカル線・草津線は雨量が規定を超えたので柘植-亀山間で
止まっているけど。
嵐の前の静けさってやつなんだろうな。

今晩はみるもりさんから要請のあったきんぴらごぼうと、さんま。
味噌汁は大根の味噌汁。そんな感じの予定である。

風が強くなってきたかな。

2005-09-05

TBは内容を読んでからにしてよ。

まあ、タイトルのつけ方が悪いんだけど、どうも今日は、
ひどいTBが多い。公序良俗に反すると当方で判断した
ものはさっさと削除させていただいてますので、ご了承下さい。

反ブッシュといえば。

そういやあ、グラビアアイドル?のインリンさんがいたな。
彼女のページはどこまで本気か疑うけど、100%本気
なんだろうな・・・。

JOYTOY2000

ジョイトイ共同声明20・03・2003
・・・ブッシュ暗殺に成功した人は「インリンと過ごすイラク10日間の旅
プレゼント(苦笑)」というのは未だに生きているんだろうか?

職場の上司からこのサイトを教えてもらって以来、インリンという人を
見る目がずいぶん変わったんだけど。
というか、彼女が出ているというだけでテレビでも雑誌でも思わず目を
止めてしまうようになったんだが。

Google抹殺指令。

すげえ、なんだかすげえ。

「グーグルをつぶす」--S・バルマー、幹部の転職に激怒
(CNET Japan) - 9月5日12時11分更新

彼の怒りは優秀な人材の流出に対してか、猪口才にも
歯向かう小ざかしいGoogleに対してか。

しかしこの露骨振りは非常に面白い。1年で大体1000万ドルを
もらえるってのもすごい話だね。以前、どこかの部長さんが長者
番付に名を連ねたと話題になったけど。大体12億円ぐらいか?

たこすけさんの食生活。

PC付いていたら1日に1回は訪問するたこすけさんの下関見聞録
特に彼の食生活には非常に共感する。

ジンギスカン、とうもろこし、さんま。なんておいしそうなんでしょ。

ツーリングレポートに影響を受けてバイクに乗ることは多分、ないな・・・。
読んでて非常に楽しいけれども、それでも。

紅茶系はミヤモトシンタ氏に負うところが大きい。だけど、絶対、彼の
音響好きには染まらない、いや、染まりたくない。読んでて非常に楽しい
けれども、それでも。

最近、1番影響を受けているのはこの2人に違いない。

水曜どうでしょうのあの4人に関して言えば、見ているのは楽しいけれども
絶対に染まりたくない。いかなる意味でも。
・・・でも、うれしーのあの職人気質とか、藤村Dを中心としたええ加減な中での
プロ意識とか、学ぶべき部分は多いかも。

Rio撤退かよ!

先日、購入した性能も申し分のない携帯音楽プレイヤーRioCarbon。
みるもりさんやミヤモトさんは「オニギリ」とおっしゃってますが、たしかに
形はおにぎり。ホワイトを選んだので、本体色:白で、周辺が黒。まさに
おにぎり。5GBで、2万円弱と値段もまあまあだし、大変気にいっております。
しかし!しかしですよ!Rioブランドのディーアンドエムホールディングスは
携帯音楽市場から撤退されるとのこと。私がはじめてMP3プレイヤーを
知ったのはこの会社。そう、まだWindowsがMeの頃だったかと。その老舗
が撤退するとは。大手についていけなくなったそうな。でもユーザーサポートは
続けるとおっしゃっておられる。どうぞよろしくね。

携帯音楽プレーヤー 大手参入で中小メーカー脱落
(毎日新聞) - 9月4日10時14分更新

ディーアンドエムホールディングス -Rio

そういやあDENONもここが取り扱っているらしい。そうだったんだ。

どうしてブッシュはこうなのか?

先日、みるもりさんとどうしてハリケーンへの対応が遅れてるのか、
という話をしていたが、「儲からないからだよ」といっていたのは、
冗談のつもりはなかった。イラク戦にはさまざまな利権が絡んでいたし、
そういう意味で、この件はまったくうまみがない。

<米ハリケーン>政府の対応遅れ 海外メディアも驚き、批判
(毎日新聞) - 9月5日12時5分更新

とはいえ、ここまでひどいか?と思わされたのはアメリカの実情に
ついて知るのにいつもお世話になっているこのサイト「暗いニュースリンク
のこの記事。
ハリケーン大災害、ニューオリンズに戒厳令:ライス国務長官はNYのフェラガモでお買物!
09/03/2005

(前略)被災地の救援対応を担当する米連邦緊急事態管理局(FEMA)のマイケル・ブラウン長官は、「避難命令は出したんだから、(自分の意思で)残った住民は自己責任を自覚すべきだ」とCNNテレビで発言した。下院議長を務めるデニス・ハスタート議員(イリノイ州・共和党)はインタビューで、ニューオリンズの再建に連邦資金を投入する件について「意味があるのかねえ」と疑問を呈した。政府側から非人間的な発言が相次ぐ理由は明らかだ。ニューオリンズ住民の67%は黒人で、27.9%が貧困ライン以下の生活をしている貧しく、共和党の集票に影響のない黒人居住区には関心がないわけだ。(後略)

ひどすぎる。しかし自己責任という言葉を久しぶりに聞いた。
この前はイラクだったな。あのときには確かに自己責任について議論するのは
おかしくはなかったと思う。でも今回のこれは・・・。
この間もニュースで救援に行った政府機関の人が避難命令出したのにこんなに
人がいることに驚いたといったことを言ってキャスターにその他人事のような発言
を非難されていたが、とにかくアメリカの実情はこういうものらしい。
昔、つげ義春の「近所の景色」で在日朝鮮人の人々が暮らす地帯を行政があえて
整備しなかったので、水害時になすすべもなかったというシーンがあったのをふと
思い出した。

驚いたのは避難地で殺人やレイプが頻発しているということ。
こんなときにまで、こんなことになるか、と。

なによりこんな連中を率いているのが今のアメリカ大統領なんだというのが
なんともいたたまれない。その大統領と仲のよい某国の総理大臣もね。

2005-09-02

誰とでも寝る女の子がいた。

村上春樹の羊をめぐる冒険の出だしを読みたくて、本棚から
出した。気がつくと、ダンス・ダンス・ダンスにまで読み進んでた。
私はこの出だしが非常に好きである。
村上春樹は一人暮らしで都会に住む男を描くのがうまいというか、
非常に共感の持てる書き方をする。
村上春樹の初期作品と、池波正太郎は私にとって座右の書である。
私は一人暮らしではないけど、みるもりさんは忙しいし、私は休みを
結構とれちゃうので、自然、あたかも一人暮らしの男のような暮らしに
なりがちだ。家事が結構好きなので、村上春樹の僕とかなりつながる。
家事をして、買い物に行って、午後はビールか珈琲を飲みながら、
音楽を聴いて、読書をすることにささやかな幸せを得る。そういう暮らし
が私は好きだ。

ついこの間、ふと、ナンパをする、あるいはされるというのは見知らぬ
都会で暮らす若者にとっては大切なコミュニケーションの手段なのでは
ないかと思った。残念ながら私は見知らぬ女性とコミュニケーションを
とることに喜びを見出せないし、そもそもそんなルックスも、会話能力も
ないので、実行するに見合うものは持ち合わせていないし(なんてたって
モテ度42点Dクラスだし)、考えたこともないのだが、そういう能力を持ち
合わせない人間は必然的に村上春樹描くところの「僕」のような暮らしで
しか喜びを見出せないのであろうと思った次第である。
よく思うのは、あるいは以前、車で30分程度(とばせば)のところに
お住まいの若奥様に言われたのは、もしもみるもりさんと離婚したら
私はもう再婚はできなさそうであるということだ。女性と結婚、あるいは恋人に
なるということは私にとっては、グランドキャニオンをバイクで飛び越えるくらいに
無理な行為であり、そういう自分が結婚できたことはまさに奇跡に近い。
電車男も真っ青である。

それでも私はこういう生活が好きだし、これからもたまにでいいからこういう
時間を得られればこれから何十年生きることになるかは知らないけど、
生きていけるんだろうなと思う次第である。

それにしても涙もろいのは相変わらずで、羊をめぐる冒険の僕と鼠の再会後の、
僕の最初の質問にはぼろぼろ泣いた。昨日は書き損ねたけど、泣くたびに、
夢枕獏の「陰陽師」で、博雅がある曲を聴くたびに私は泣くのだよ、と書いてあった
ことを思い出すのである。

相変わらずとりとめない話である。

またも休みである。

朝、みるもりさんを見送って、二度寝。
12時ジャストに起床。柿ピーを食べて、読書。少し目が覚めたら、
ナポリタンを作る。とはいえ、普通のハムやベーコンがないので、
生ハム風ベーコンなる怪しいものを肉っ気とする。
パスタは細め。炒めるときにオリーブオイルで鷹の爪を炒める。
材料はピーマン、たまねぎ。
ケチャップを入れすぎ、鷹の爪を炒めすぎた。くどくて辛い。
掃除、アイロン、洗濯物の取り込み、エアコンのフィルターと
扇風機の羽を洗う。
駅前にて買い物。
ビールを買ってきて、昨日購入した柿ピーと、するめで飲む。
どうでしょうDVD第1弾ベトナム編Disk1を見ながら。

今晩は鮭を味噌に漬けたもの。この間、豚肉を味噌につけたら
短時間でおいしくなったので、味を占めた。二匹目の泥鰌は釣れるか。

そしてみるもりさんを待ちながら、珈琲を傍らに今に至る。

休みを取りすぎると世間に後ろめたいけど、まあ、こういうもんだし。
しっかりいただく。今期は消化するぞお。

2005-09-01

最近のカエラさん。

最近、更新が止まってるなあ、って思ってた木村カエラ氏の
ブログが一気に更新してました。
木村カエラのいきなりな変身ぶりに驚き、奥田民生氏とカエルさんに
笑い、ドナルドさんとカエラのツーショットに素直にかわいいと思った
今日の私はやっぱりこれに萌えた。日頃見れない姿に萌えるんですよ、
私は。すっぴんもよかね。

巨石信仰

世の中にはさまざまな信仰があり、植物への信仰や巨大な石への信仰は特に歴史が古い。
今回、報告する内容はその巨石信仰から派生したものとみてよい。人はまず何かに形が似たものを信仰の対象とし、その後は似姿を彫った。これはその名残である。ご覧いただきたい。

050831_1242.jpg

久しぶりに携帯ぐま。

くーまんが秋モードになった。夜はパジャマに着替えてやがる。

5GB恐るに足らず

この間買ったRioの容量は5GB。大体1100曲分だそうだ。そんなにいらねえよ、と思っていたが現在、アルバムの数で62枚、861曲が入っている。1曲3分で2583分。43時間3分。2日弱。そんなに聞くわけないので一度も聞かない曲も出て来るが、シャッフルで聞くと非常に面白いことになる。クラシックのあとで井上陽水が流れたり。節操なしにいろんなジャンルで聞いている分、こういう場合はとっても楽しい。
しかし5GBってこんなもんか。ipodほどはいらないにしても10GBくらいはあってもよかったのかも。

萌え日和。

兎の夢を見たのは今朝のとおり。
朝は結構、かわいい子を駅で見かけた。
特にテイジンのCMばりの金髪少女には夫婦でしばし萌え。

職場について、始業時間前にミヤモトシンタ氏のブログ
読んでいたらいつになく、彼の文章が熱い。前の萌えバトンの
とおりいつもと違う人の雰囲気には男女問わず萌える私としては
かなり萌え。引用してみる。

 まぁ確かに、普段の俺はそう感情を表に出すことはない。普段の俺は常に冷静、理知的(自分で言うな)。ただし。そう見えるのはあくまで表面側だけのこと。常に内面には、埋み火のごとく燃え続けるものがあるんですよ。そうでなければ、絵なんて描けないって。

 それに、個人的に思うんだけどね、目に見えて熱い奴なんて、実は大した温度じゃない。本当に熱い炎ってのは、形も色もなく、一瞬に全てを燃やし尽くすの。燃え上がるんならね、そーいう徹底した熱さがいいわけよ。

いやあ、熱いわ。彼。でも彼のいうとおり、目に見えて熱い奴より、一瞬見せる
熱さの方が熱いと思う。まあ、そんなの現実では滅多に見れないけど。
漫画や小説ならそういうシーンって大抵、そいつが死ぬシーンだよね。ああ。
最近、そういう漫画とかって読んでないなあ。日ごろは冷静だけど、一瞬、熱い
見せ場があって、散っていく。結構、そういうキャラは昔から好きだ。

ちなみに彼が語る紅茶講釈もなかなか熱いです。

私は42点。

たこすけさんの下関見聞録にてモテ度チェックというページを知る。
基本的にこういうのはやらない主義なのだが、自虐的にやってみた。
酔っ払っていたせいもある。

42点。Dランクだった(たしか)。
見た目と雰囲気は最低。たしかに。
明らかに間違いは恋愛経験。とっても豊富と出た。そんなわけはない。
笑えたのが性格。「あなたはとてもよい性格です。まわりからもそう
いわれることがあるでしょう。でも実はそうでもないと思ってますね。
しかし、そう思う人がいるだけで、周りの人の中には救われている
人もいます。それでいいじゃないですか。」的なことが書いてあった
(たしか)。合ってる。慰められてしまった。

こんな夢をみた。

小さな兎を飼っている。毛布の中で灰色の小さなものが震えている。
まだ目もあまり見えていないようで、そんな兎に水をあげる。

スーパーで、餌とトイレを買うのだが、猫用でよいと誰かに教わったらしく、
そういうものを買う。

兎は小さなペット用の籠に入れられていた。

という夢を見た。ちなみに哺乳類を飼ったことはない。それどころか
金魚とざりがにと観葉植物と人間以外の生き物が身近にいたことはない。
というわけでまったくのフィクションな夢なわけだが、みるもりさんにこの夢の
話をしたら「愛に飢えてるんじゃない?」といわれた。そうかも。

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

最近のトラックバック