2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

メインサイト

« ゆで豚にわさび醤油。 | トップページ | 夕立。 »

2005-08-02

蒼天航路第6巻。

久しぶりに読んだ。エピソードが非常に盛りだくさんな巻である。
演義上からも非常に重要な巻である。
呂布と関羽の一騎打ち、孫堅の死。郭嘉の登場、荀彧や許褚の
再登場、貂蝉と王允。蔡ヨウ。後漢末期の錚々たる顔ぶれが登場する。

夏侯惇と孫堅の会話が読みたくてふと再読。すごい。

それにしても赤兎馬。演義では呂布が乗り、関羽が継ぐということに
なっていた。最後は関羽とともに死ぬとあった。蒼天航路では、
呂布が最後に自ら首を撥ね、曹操との決戦に臨んだ。関羽が乗れない
じゃんと思っていたが、あれからおよそ30年。どう考えても老齢の赤兎馬が
名馬としているはずねえな、と気づく。いくらなんでも無理がある。
そういうことに気づかされるのも蒼天航路のおもしろさかもしれない。

« ゆで豚にわさび醤油。 | トップページ | 夕立。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/5276582

この記事へのトラックバック一覧です: 蒼天航路第6巻。:

« ゆで豚にわさび醤油。 | トップページ | 夕立。 »

最近のトラックバック