2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

メインサイト

« 雨の烏丸御池。 | トップページ | 浦の由来 »

2005-06-30

蒲鉾の由来。

今日のお弁当に蒲鉾を入れた。概して私は練り物に弱く、
特に蒲鉾が好きだ。ちなみにおでんならごぼ天。

夏真っ盛り、いよいよ京都では祇園祭がはじまる。祇園祭と
いうと中旬の山鉾巡行が有名だが、実際は7月一杯お祭りは
行われている。京都に来たばかりのみるもりさんが祇園祭に
行こうと街中に来たはよいが、八坂神社に行ってしまい、肝心
の山や鉾を見ずに帰ったというまるで徒然草か落語のような
笑い話があるが、本来は祇園祭は八坂神社の祭りなのだから
本筋として彼女たちの行為は間違っていないと思う。むしろ、
山鉾ばかり見ている連中の方が祭りの本義としては邪道かも
しれない。

祇園祭の車内吊り広告を見て、山鉾という文字を見たとき、
蒲鉾の由来が知りたくなった。古い歴史がありそうなわりに
こった行程でできるものだからきっと神への献上物だったのでは
ないかと思い、鉾の形に似ているから「神鉾(カムボコ?)」が
なまって「カマボコ」となったのかな、などと思ったりした。
まあそれで、職場に着いたら就業時間前に調べてみようと
思ったところ、簡単に由来がわかった。昔のカマボコは、ガマの
穂に似た形をしており、ガマ(蒲)の形に似ているからガマボコ
がなまってカマボコとなったというのが一般的に知られる由来
だそうだ。

とまあ、ひどく納得。次に気になるのは「蒲」という漢字の由来と
さらにそもそも「浦」とは一体、どういう地形を指すかが、今朝の
みるもりさんとの会話で新たに生まれた疑問である。まあ、これも
合間を縫って調べてみよう。

« 雨の烏丸御池。 | トップページ | 浦の由来 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/4768755

この記事へのトラックバック一覧です: 蒲鉾の由来。:

« 雨の烏丸御池。 | トップページ | 浦の由来 »

最近のトラックバック